年間第19主日(2019年8月11日)福音書のメッセージ動画

不条理な出来事の多い私たちの人生。
死はいつどのようにやってくるかわからない。

「腰に帯を締めていなさい」
「目を覚ましていなさい」
とイエスは言う。

どんな生き方を呼びかけているのだろうか。

(※「神は与え、神は奪う」はヨブ1章21節からの引用です。)

ルカによる福音書 12章32節~48節
そのとき、イエスは弟子たちに仰せになった。「恐れることはない、小さい群れよ。あなた方の父は、あなた方にみ国を与えるのを喜びとされる。あなた方の持ち物を売って、施しなさい。自分のために、古びることのない財布を作り、尽きることのない宝を天に蓄えなさい。そこでは、盗人も近寄らず、虫も食い荒らさない。あなた方の宝のある所に、あなた方の心もある。
腰に帯を締め、ともしびをともしていなさい。主人が婚宴から帰って来て戸をたたいたら、すぐに開けようとして待っている人のようでありなさい。主人が帰って来たとき、目を覚ましているのを見られる僕たちは幸いである。あなた方によく言っておく。主人は帯を締めて、その僕たちを食卓に着かせ、そばに来て給仕してくれる。主人が真夜中や、夜明けごろに帰って来ても、そうしているのを見られるなら、その僕たちは幸いである。あなた方も次のことを弁えていなさい。盗人がいつやって来るかを知っていたら、家の主人は家に忍び込ませはしない。だから、あなた方も用意していなさい。思わぬ時に、人の子は来るからである。
すると、ペトロが言った、「主よ、この喩えはわたしたちのために話しておられるのですか。それとも、すべての人々のためでしょうか」。そこで、主は仰せになった、「時間どおりに食事を与えるために、主人が召使の上に立てる、忠実で賢明な管理人とは、どのような人だろうか。主人が帰って来たとき、そのように務めを果たしているのを見られる僕は幸いである。まことに、あなた方に言っておく。主人は彼に全財産を管理させるに違いない。しかし、もしその僕が、『主人の帰りは遅れる』と心の中で思い、下男や下女を打ちたたき、飲んだり食べたり酔ったりし始めるなら、その僕の主人は思いがけない日、予期しない時に帰ってきて、彼をきびしく罰し、不忠実な者と同じ目に遭わせる。主人の思いを知りながら、何も用意せず、あるいは、思いにかなうことを行わない僕は、数多く鞭打たれる。しかし、知らない者は、鞭打ちに値するようなことをしても、軽い鞭打ちですむ。多く与えられた者はみな、多くのことを求められ、多く任された者は、さらに多く要求される」。

あなたにオススメ