何もしない信仰という種 年間第27主日(ルカ17・5〜10)

【信仰】とは、どのようなものなのでしょうか。マザー・テレサは、1964年休暇中ダージリンに向かう列車の中で「全てを捨てて、最も貧しい人のために働きなさい」という主からの声を受けました。その後彼女は、1949年からコルカタのスラム街に入り貧しい人のために働くようになりました。彼女の姿を見たたくさんの人たちが、彼女について行き、今では、各国で彼女が創立した会の会員が宣教しています。マザー・テレサは、決して自分に信仰があった、とは思ったことはなかったことでしょう。しかし、彼女の働きの結果、彼女の【信仰】を多くの人が感じることができるのです。もしかしたら、【信仰】は、主なる神の声に忠実に応え、それを行う【恵み】なのかも知れません。

きょうのみことは、弟子たちがイエス様に「わたしたちの信仰を増してください」と願う言葉から始まっています。この箇所の前にイエス様から「……1日に7度、あなたに対して罪を犯し、7度あなたのもとに戻ってきて、そのつど、『悔い改めます』と言うなら、彼を赦しなさい」(ルカ17・3〜4)と聞かされた弟子たちは、「人を赦すことができないのは、自分たちに【信仰】がないからではないか」と思ったのではないでしょうか。それで、彼らは、イエス様に「わたしたちの信仰を増してください」と願ったのでしょう。イエス様は、彼らのその願いに対して「もし、あなた方に一粒の芥子種(からしだね)ほどの信仰があるなら、この桑の木に、『根こそぎにされ、海の中に根を下ろせ』と言えば、言うことを聞く」と答えられます。

このイエス様の言葉は、弟子たちにどのように響いてきたのでしょう。芥子種というのは、「非常に小さい物のたとえ」として用いられていました。そのため弟子たちも「あんなに僅かな信仰で、そんな業ができるのだろうか」と内心信じられないと思ったのではないでしょうか。しかし、イエス様が彼らに伝えようとしていたのは、「おん父の声に、忠実に『はい』と応えそれを実行しようとする僅かな『心』があるかどうか」と言うことではないでしょうか。このことは、私たちの生活を振り返る善い機会となるのかもしれません。

私たちは、人から何かを頼まれた時、それがあまりにも大きく、大変なことの場合「それは、できません。私には無理です」と答える場合と、「何とかなるかも」と思って「はい」と引き受ける場合があるのではないでしょうか。「はい」と答えた結果、周りの人の善意や協力によって、引き受けたことが成功することがあります。「桑の木が、海の中で根を張る」というような奇跡は、主の声に聞き従い、それを行うことによって、周りの人が賛同し、初めて起こることなのかもしれません。もし、最初から「無理です」と言って断ったとすれば、その【奇跡】は起こらないままに終わってしまうのです。

さて、イエス様は、信じられないと言うような弟子たちに対して『僕と主人』の譬え話をされます。主人は、一日中働いてきた僕に対して「わたしの夕食を用意せよ、帯を締め、わたしが食事を終えるまで給仕せよ。」と言います。この箇所を私たちが聞くと、「なんてひどい主人だ、彼らは、1日中働いて疲れているのに」と思うかもしれません。しかし、イエス様は、僕たちの【心構え】を伝えておられるのではないでしょうか。たとえば、一日中会社で働き、家事も行い、家族の食事を作る主婦(主夫)は、まさにこのイエス様のことばに敏感なのではないでしょうか。ただ、「夕食の用意をせよ」と言うことを【仕事】として捉えるならば、それは「苦痛」となるかもしれません。しかし、もし【福音宣教】として捉えるとすると「喜び」となるのではないでしょか。

イエス様は、「命じられたことを全て果たしたとき、このように言いなさい、『わたしたちは取るに足らない僕です。なすべきことを果たしたにすぎません』」と弟子たちに言われます。パウロはコリントへの手紙の中で「わたしは福音を宣べ伝えても、誇りにはなりません。そうしないではいられないからです。もし福音を宣べ伝えないなら、わたしにとって災いです。……それは、わたしに委ねられた務めなのです。」(1コリント9・16〜17)と伝えています。

私たちは、1人ひとりに福音を【宣べ伝える】という【務め】が与えられています。もし、それを行うとき「この仕事は、私がやらないと!!」という【自我】が出てきたとき、主なる神様の恵みは、少なくなってしまいます。例えば、100ccのカップに【自我】を80%出したとすれば、主なる神様の恵みは、20%しか入ることができません。もし、【自我】が0%でしたら、100%の主なる神様の恵みで満たされることができます。矛盾するかもしれませんが、私たちの【信仰】は、「私が何もしないこと」なのかもしれません。私たちは、主なる神様に「はい」と答え、後は主なる神様の道具としてお任せする【信仰】を頂くことができたらいいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 十数年前に「三位一体の改革」という言葉が流行しました。教会の「三位一体」という言葉が都合よく使われた…
  2. 東日本大震災後87カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  3. 私たちは、1日に何回「父と子と聖霊」という【三位一体】の神様を口にするでしょうか。食前、食後の祈りを…
  4. 表には幼い姉妹が小船の中に座って手を合わせ、月の光に照らされながら湖の岸辺のマリア様の御像に向かって…
  5. 聖パウロ会の母院が建ち、中古のフランス製版機を買い入れたころ、ミラノの郊外セント・サン・ジョワンニに…

ピックアップ記事

  1. 子どもたちが毎日、神の愛について理解するのを助ける聖書の話、祈り、そして約束。本書は、子どもたち…
  2. 2017年3月13日~16日、ポルトガル・アンゴラ地区の地区集会が行われ、総長のヴァルディル・ジョセ…
  3. 『沈黙』の著者、遠藤周作氏長男の遠藤龍之介氏を講師に迎え、第271回真和会講演会「『沈黙』・・・小説…
  4. 聖パウロ修道会史上初めての、ベトナム人の誓願者が誕生しました。2017年3月19日、東京の若葉修…
  5. 今日の第一朗読の中で、「彼は悔い改めて、自分の行ったすべての背きから離れたのだから、必ず生きる。死ぬ…
PAGE TOP
Translate »