取るに足りない僕 年間第27主日(ルカ17・5~10)

今年の7月20日からベトナムのホーチミンに派遣され、7月25日からベトナム語学校に通っています。多くの市民はバイクを使って通勤・通学していますが、私はバイクでの運転に慣れていないことや日本とは状況が全く異なっていることもあって、バスで通学しています。バイクでの通学のよいのですが、勇気が入ります。ホーチミン市内に来てみればよく分かりますが、バイクの量が半端ではありません。バイクの大群をたとえるなら、ミツバチの大群が一斉に押し寄せてくるような雰囲気で、しかも急に進路変更したり、歩道をバイクが走ったりなど、日本では考えられないことがたくさんあります。またラッシュアワーの時間とはいえ、日本と違いいつでも座れます。通い始めて四週間が過ぎましたが、一度だけ途中まで立ったことがありますが、あとはすべて座っていけます。その点でバスが便利かもしれません。ただバス停の車内放送がないので、事前に降りる場所を確認しておかなければなりませんが…。

さて私が住んでいる共同体の一階は子供服売り場で、二階から五階まで共同体のために借りています。その一階に、守衛をしている75歳くらいのおじいさんがいます。彼はお店や玄関の開け閉めはもちろん、お客さんの出入りなどをチェックしています。宿直の時には細長い椅子に眠っていて、とても器用に眠ることができるなあと感心するくらいです。そのおじいさんに挨拶するといつも笑顔で応えてくれます。そのおじいさんの笑顔を見ていると、ふだんの疲れも吹き飛びそうです。

今日のみことばで、「わたしたちは取るに足りない僕です。なすべきことを果たしたにすぎません」(ルカ17・10)という言葉がありますが、そのおじいさんの姿には、この言葉がぴったり合うような感じです。私たちも日ごろの働き、勉強、活動など、「わたしたちは取るに足りない僕です」と言えることができればいいなあと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 表には幼い姉妹が小船の中に座って手を合わせ、月の光に照らされながら湖の岸辺のマリア様の御像に向かって…
  2. 聖パウロ会の母院が建ち、中古のフランス製版機を買い入れたころ、ミラノの郊外セント・サン・ジョワンニに…
  3. どんよりとした天気の中、サイゴンから南へ50km離れたカンジョ(CAN GIO)へ行ってみました。…
  4. 2018年5月19日、教皇フランシスコが召集した枢機卿会議において、福者パウロ六世教皇をはじめ6人の…
  5. 枢機卿(cardinalis)は、教皇の最高顧問です。重要な案件について教皇を直接に補佐する…

ピックアップ記事

  1. 三十五歳くらいの日本人男性が、二十代のベトナム人女性と十二月にベトナムのブンタオにある教会で結婚する…
  2. 「小さな親切、大きなお世話」という言葉があります。「本人は善かれと思って相手したことが、相手にとって…
  3. 阿部真理修道士(聖パウロ修道会)が無作為に選んだ3つの質問に答えます。Q1. 自分を…
  4. 「神のお告げの祭日」は3月25日ですが、2018年は受難の主日(枝の主日)と重なっていたため、復活節…
  5. テレビで家出をしている10代、20代の少女たちを取材している番組を観ました。その中で、1人の少女に「…
PAGE TOP
Translate »