必要なことは、ただ1つという種 年間第16主日(ルカ10・38〜42)

私は料理を作るのが好きで、10人や20人と大勢の人数分を作るのが得意です。良く「得意料理は何ですか?」と聞かれるのですが、そんな時は、冷蔵庫に残っているもので何かを作る、「冷蔵庫料理」と答えます。普段は、修道院にいますから、シスターが作られるので作らないのですが、ボランティアでどこかに行った時に作らせていただいています。当たり前のことですが、料理を食べてくださった人が「おいしい。」と言われた時がとても嬉しいですね。何となくきょうのみことばの「マルタ」の気持ちが分かるような気がいたします。

きょうのみことばは、イエス様がエルサレムへ向かう旅の途中で「マルタとマリア」の家に寄られた場面です。みことばは「さて、一行が旅を続けて行く途中、イエスはある村にお入りになった」と言う一節から始まっています。ヨハネ福音書にも「マルタとマリア」の話が出てきますので多分この村は、エルサレムから3キロほどのところにある「ベタニア」ではないでしょうか。ヨハネ福音書では「そこで姉妹はイエスの所に人を送って、『主よ、あなたの愛しておられる者が病気です』と言わせた」(ヨハネ11・3)とありますから、イエス様と弟子たちは、度々この家に寄られていたのでしょう。

マルタは、イエス様と弟子たちが自分たちの村に入られたと言うことを聞いて、嬉しくなり彼らを自分の家に迎え入れます。妹であるマリアは、イエス様が座る場所の近くにいて、いち早くイエス様の足元に座って話を聞き入ります。彼女は、「このマリアは、主に香油を塗り、その足を自分の髪の毛でぬぐった女で……」(ヨハネ11・2)とありますように、以前イエス様に癒されたことがあったのでイエス様への思いも強かったのでしょう(ルカ7・36〜50)。マリアは、イエス様がどんな話をしてくださるのか、ワクワクしながら足元に座っていたのではないでしょうか。彼らは、イエス様を中心して他の人は車座となっていたようです。こう考えますとマリアはイエス様の足元という特等席にいたのことになります。

以前、私の実家にある神父様がよく訪ねて来られたことがありました。私たちは神父様の話に耳を傾け、団欒を楽しみその時間を過ごしました。これと言う特別な話でもないのですが、神父様が私たちの家に来てくださることだけで嬉しい気持ちになっていました。このみことばを読む時なんとなくその時のことを思い出します。

さて、一方マルタは、イエス様と弟子たちをもてなすために、忙しく働いていました。イエス様は12人の弟子たちだけではなく、その他たくさんの人たちと一緒にエルサレムに向かっていました。マルタの気持ちは、イエス様の話を聞きたいと言う思いと、彼らに最高のもてなしをしなければと言う思いがあったのではないでしょうか。当時の女性は、男性が祈りや祭儀に集中できるようにおもてなしをしながら支えていたようです。ですから、マルタはイエス様と弟子たちのためにたくさんの料理を作っていたのではないでしょう。それでも一人では限界があります。マルタは「主よ、わたしの姉妹は、わたし一人にもてなしをさせておりますが、何ともお思いになりませんか。手伝うように言いつけてください」と言います。マルタは、お腹をすかせているイエス様と弟子たちに早く食事をしてもらおうとかなり焦っていたのかもしれません。

イエス様は、マルタを責めるのではなくいつくしみの愛を持って「マルタ、マルタ」と2回名前を呼ばれます。このことは、イエス様がマルタの【もてなしの心】に感謝していることを表しているのではないでしょうか。それから「あなたは多くのことに思い煩い、気を遣っている。しかし、必要なことは、ただ一つだけである。マリアはその善い方を選んだ。それを彼女から取り上げてはならない」と言われます。この「思い煩い」と言うのは、「心が根底(中心)から離れている様子」と言う意味のようです。マルタは、イエス様をはじめたくさんの弟子たちをもてなすために、側にいるイエス様の話を聴くと言うことを忘れていたのです。イエス様は、そんなマルタに「必要なことは、ただ一つだけである。」と気付かされたのではないでしょうか。

私たちは、時々「あれもしなければ、これもしなければ」と忙しさのあまり焦ってしまい余裕がなくなり、周りが見えなくなってしまうことがあります。そのような時は、往々にして周りの人にきつく当たってしまったり、何も手付かずになってしまったりと思うように進まない時があるかもしれません。そんな私たちにイエス様は、優しく「必要なことは、ただ一つだけである。」とささやきかけてくださっておられます。私たちの中には、マルタのように人をもてなす優しい心とマリアのようにイエス様の声に耳を傾ける心があるのではないでしょうか。イエス様の「必要なことは、ただ一つだけである。」というみことばをゆっくり味合うことができたらいいですね。

あなたにオススメ