隣人を愛するという種 年間第15主日(ルカ10・25〜37)

私たちは、人から受けた優しい言葉や行いは中々忘れられません。特に自分自身が本当に困っている時にかけられるとなおさら、忘れられないものとなります。

きょうのみことばは、『良きサマリア人』のたとえ話の場面です。1人の律法の専門家がイエス様のところに来て「先生、どうすれば、永遠の命を得ることができますか」という質問をします。この質問は、他の共観福音書では、「先生、律法の中でどの掟がいちばん重要ですか」(マタイ22・36)、「すべての掟のうちで、どれが第一の掟ですか」(マルコ12・28)と書かれてあります。律法学者の間では、613ものある律法の中でどの掟が一番重要なのかという話題がよく議論されていたのでしょう。

マタイ福音書、マルコ福音書では、その答えをイエス様ご自身が答えられています。しかし、ルカ福音書では、「律法にはなんと書いてあるか。あなたはどう読んでいるのか」とイエス様が答えるのではなく、あえて質問をした律法の専門家に答えさせます。それは、他の律法学者たちが議論していることではなく、「あなた自身はどう考えるのですか」とその人の思いを聞かれます。イエス様は、ここで、彼がどのように答えようかという振り返りの時間をお与えになられたのではないでしょうか。イエス様は、私たちがどのように振る舞えばいいのか、何が大切で、どれを優先させればいいのかと迷っている時に、「あなた自身はどう考えるのですか」と問われておられるのかもしれませんね。

彼は、子どもの頃からよく耳にした掟である「イスラエルよ、聞け、わたしたちの神、主こそ、唯一の主である。心を尽くし、力を尽くして、あなたたちの神、主を愛しなさい。」(申命記6・4〜5)と「復讐してはならない。お前の民の子らに恨みを抱いてはならない。お前の隣人をお前自身のように愛さなければならない。わたしは主である」(レビ記19・18)という箇所を答えます。イエス様は、彼の答えに対してイエス様は「あなたの答えは正しい。それを実行しなさい。そうすれば、生きるであろう」。と答えられます。

イエス様は、まず、彼が正しい答えをしたことを認めます。それだけではなく「それを実行しなさい」と言われます。もしかしたら、律法学者たちは、律法の中でどの掟が重要なのかと議論はしているようですが、実際に行なっていなかったのではないでしょうか。イエス様は、頭で考えるよりも、もっと感じたままに、自分がいいと思ったことを行いなさい、と言われているのかもしれません。

彼は、イエス様の答えを聞いて自分のプライドを傷つけられたと思ったのでしょう。彼は、「わたしの隣人とは誰ですか。」と質問します。彼は、申命記の部分である、「神である主を愛せよ」というところではなく、「隣人をあなた自身のように愛せよ」というところをイエス様にさらに質問します。彼の中では、「神である主を愛せよ」ということよりも「隣人をあなた自身のように愛せよ」ということの方が難しいと思っていたのではないでしょうか。私たちは、イエス様や神様に対して「あなたを愛しています」と祈ることはあるでしょう。しかし、学校や職場、教会共同体で隣人を愛することの難しさに心を悩ませることがあるのではないでしょうか。

イエス様は、彼の質問に答えられ「ある人がエルサレムからエリコに下って行く途中、強盗に襲われた。彼らはその人の衣服をはぎ取り、打ちのめし、半殺しにして去っていった。」と裸同然で重傷を負わされた「見るも無残な」人をまず登場させます。この律法学者は「この先生は、何を話されるのか。」と思ったのではないでしょうか。イエス様は、さらに話を続けられ、最初に傷ついた人を見て道の向こうを通って行った祭司と同じくレビ人を登場させます。彼にとって二人の聖職者は、馴染深い人だったことでしょう。さらに彼らがとった態度は、律法学者にとって「傷を負った人の血で自分が穢れることを避ける」という当たり前のように受け入れたことでしょう。

イエス様は、最後にユダヤ人たちが忌み嫌っていたサマリア人を登場させます。サマリア人は、傷を負った人を見ると「憐れに思い、近寄って、傷口に油とぶどう酒を注ぎ、包帯をした。……さて、あなたは、この3人のうち、強盗に襲われた人に対して、隣人となったのは、誰だと思うか」と話されます。律法学者は、イエス様が話されたサマリア人の行動を聞いて驚き困惑したのではないでしょうか。彼は、「憐れみを施した人です」と答えます。ここに至っても彼は「サマリア人」という名前を口に出すことができませんでした。

このサマリア人は、イエス様ではないでしょうか。イエス様は、私たちが弱さによって犯した罪を悔やみ、生活の中で苦しみ悩み、人の言葉で傷つき倒れている時、いつくしみの愛を持って私たちを介抱して下さいます。私たちにとって、イエス様は隣人なのです。私たちは、イエス様が自分自身のように私たちを愛されたように、私たちも隣人を愛することができたらいいですね。

あなたにオススメ