宣べ伝えるという種 年間第14主日(ルカ10・1〜12、17〜20)

私たちは、「みことばを『宣べ伝える』」とか「キリストを『宣べ伝える』」とか使います。この『宣べ伝える』から送り仮名を取ると、【宣伝】となります。洗礼の恵みをいただいた私たちは、みことばを宣伝し、キリストを宣伝する使命をいただいているのです。

きょうのみことばは、イエス様が72人を選んでご自分が行こうとしておられる町や村に2人ずつ弟子たちを遣わされる場面です。きょうの箇所の少し前にイエス様は、一緒にエルサレムに向かう人々に「わたしに従いなさい」と言われていました。イエス様は、この中で誰がご自分の弟子として働いてくれるかということをお考えになられていたのかもしれません。今でいうなら「採用試験」のようなものなのでしょう。そして、弟子としてふさわしいと思われた人を72人遣わされたのです。

イエス様は、派遣するにあたっていくつかの弟子としての心得をお伝えになられます。始めに「刈り入れは多いが、働く人は少ない。だから刈り入れのために働く人を送ってくださるよう、主に祈りなさい。行きなさい。今、わたしがあなた方を遣わすのは、小羊をおおかみの中に送り込むようなものである」と言われます。イエス様は、弟子たちがみことばを宣べ伝えるにあたって、「働き人」を募集するという使命を与えられます。イエス様は、「祈りなさい」と言われます。人は祈る時、そこに何かの必要性を感じなければ祈りせん。イエス様は、弟子たちがみことばを宣べ伝えるにあたって「働き人」が少ないということに気づくはずですよ、だからまず「刈り入れの主に祈り求めさない」と言われたのでしょう。同時に自分たちの働きの上に主の祝福があることをも祈りなさいと言われているのかもしれません。

イエス様は、さらに「小羊をおおかみの中に送り込む」というとても危険なイメージを想起させるようなことを言われますが、飢えたおおかみが小羊に向かってくるように、あなた方を必要としている人たちが多いということを示されているのではないでしょうか。確かにみことばを宣べ伝える時には、教えを拒否され、迫害など困難な場面も起こってきます。そのためイエス様は、2人ずつ遣わされたのでしょう。この小さな共同体で助け合い、励まし合いながら歩むことができますし、1人が行きすぎるときもう1人が抑えることできます。また、2人というのは人数だけではなく「教会共同体」を表しているのかもしれません。

イエス様は、弟子たちに「どこかの家に入ったら、まず『この家に平和』と言いなさい。」と言われます。ヘブライ語で挨拶する時「シャローム」(平和)と言います。ですから、弟子たちが「この家に平和」というのは、私たちが相手に対して「こんにちは」と挨拶するようなものです。しかし、イエス様が言われる「この家に平和」というのは、イエス様ご自身の【平和】であり【神の国の平和】のことを表しているようです。弟子たちは、イエス様から派遣された者ですので、別の言い方をすれば「大使または特使」と言っていいのではないでしょうか。イエス様はご自分の権威を弟子たちに授けられ、町々に遣わされます。弟子たち(私たち)は、イエス様と一体となってみことばを宣べ伝えていると言えるかもしれません。ですから、復活されたイエス様が弟子たちに「平和」と言われたように弟子たちは行った先々で「この家に平和」と伝えるとき、イエス様の全てを伝えることになるのではないでしょうか。

イエス様は、「『神の国は、あなた方に近づいた』と言いなさい。」と言われます。このことは、場所としての「神の国」ということでもありませんし、時間的な「近づき」でもないようです。弟子たちがイエス様と一体となって人々の所に派遣されて来た時点でもうすでにそこが「神の国」であるということではないでしょうか。イエス様は、ご自分の「平和」を受け入れた人には、その平和がその人に留まり、「神の国」を受け入れた人には、すでに「神の国」の中に入っているということを伝えられていると言ってもいいでしょう。イエス様は、たとえ「神の国」を拒む人に対しても無視することなく「神の国が近づいたことだけは知っておくがよい」といつくしみを持って伝えなさいと言われます。

弟子たちは、イエス様の所に戻って宣教の中で頂いた恵みを喜んで報告します。イエス様は、彼らに対して「……しかし、霊たちがあなた方に服従するからといって、喜んではならない。むしろ、あなた方の名が天に書き記されていることを喜びなさい」とたしなめられます。イエス様は、弟子たちに様々な権威を授けられましたが、それは、弟子たちのためではありません。私たちはついついあたかも自分がしているという錯覚を覚えることがあります。イエス様は、そんな弱い私たちをご存知なのでしょう。ですから、受けた栄誉や功績を喜ぶより、「あなた方の名が天に書き記されていることを喜びなさい」と言われたのです。

私たちは、イエス様から派遣された弟子として「神の国の平和」を喜びのうちに人々に【宣べ伝える】ことができたらいいですね。

あなたにオススメ