意識の究明――神さまとともに歩く修道院の祈り

意識の究明とは、絶え間ない観想のうちに、師イエスの徳を模倣し、わたしたち自身のうちに師イエスを形づくり、彼の住まいとするために心を開き、絶えず師イエスに心を傾けることです。
師イエスを見、聞き、洞察し、迎え入れようとする弟子の姿です。
意識の究明は、自分自身を知るために必要な方法です。
意識の究明は、人を謙虚にさせ、神に対する感謝と罪の悔い改め、将来に向かう固い決心をさせます。

究明には、予防究明、一般究明、特別究明の三つの種類があります。
予防究明 朝、その日の一日を予見し、それに備える決心および計画を立てます。
一般究明 十戒、福音的勧告、主な徳、職務上、身分上の義務について、特に意志の状態と祈りの態度について調べます。
特別究明 主欠点と主決心について、また、霊的生活の歩みについて調べます。

一日の主な究明は聖体訪問のときに行います。
究明をよくするためにいろいろな方法が勧められますが、効果的な方法は、それを行おうと意志的に望むことです。
つまり、神の栄光を求め、すべての過ちを悔いながら、知性・意志・心について究明するように勧められています。

『パウロ家族の祈り』より

あなたにオススメ