年間第13主日(2019年6月30日)福音書のメッセージ動画

エルサレムに向かって顔をきっと向け、
覚悟を決めて向かうイエス。

愛を生き、神の愛を伝えるために。

イエスは力尽くで伝えようとはしない。
その伝え方を私たちは学びたい。

ルカによる福音書 9章51節~62節
天に上げられる時が近づいたので、イエスは、エルサレムに向かって旅立とうと決心された。そこで、使いの者を先に遣わされた。彼らは出かけていき、イエスのために準備しようと、サマリア人のある村に入った。しかし、サマリア人はイエスを受け入れなかった。イエスがエルサレムに向かっておられたからである。これを見て、弟子のヤコブとヨハネは言った、「主よ、お望みなら、天から火を降くだらせ、彼らを焼き払うように願いましょうか」。イエスは振り向いて、二人をたしなめられた。そして、一行はほかの村へ向かっていった。さて、一行が道を進んでいくと、ある人がイエスに言った、「あなたが行かれる所なら、どこへでも従います」。すると、イエスはその人に仰せになった、「狐には穴があり、空の鳥には巣がある。しかし、人の子には枕する所もない」。また、イエスはほかの人に、「わたしに従いなさい」と仰せになった。すると、その人は、「まず、わたしの父を葬りに行かせてください」と言った。そこで、イエスは仰せになった、「死者は死者に葬らせなさい。あなたは行って、神の国を宣べ伝えなさい」。また別の人も言った、「主よ、あなたに従います。しかし、まず家族にいとまごいをさせてください」。イエスは仰せになった、「鋤に手をかけてから、後ろを振り返る者は、神の国にふさわしくない」。

あなたにオススメ