愛というパスワードという種 復活節第6主日(ヨハネ14・23〜29)

インターネットを使って何かを登録するときなど、IDとパスワードが必要になります。たとえば、ネットでお買い物をするときには、そのお店のIDとパスワードを最初に作ってからでないと購入できませんし、フェイスブックなどのSNSを始める時IDとパスワードが必要になってきます。このIDとパスワードは、これから始めようとするための「鍵」とさらにセキュリティーを強めるための暗証番号と言ってもいいでしょう。もし、私たちが天国にいくとしたら、IDはイエス・キリストでパスワードは、【愛】となるのかもしれませんね。

ヨハネ福音書の【最後の晩餐】の部分は、他の共観福音書と違って大変長く、13章〜18章まで書かれています。きょうのみことばは、その中の一部で、イエス様が十字架上で死にそして復活した後のことを弟子たちに伝える場面です。

きょうのみことばの少し前の節でイエス様は弟子たちに「わたしの掟を自分のものとし、それを守る人、その人は、わたしを愛する者である。わたしを愛する者は、わたしの父に愛される。わたしもその人を愛し、わたし自身もその人に現す。」(ヨハネ14・22)と伝えます。ここでイエス様は、「わたしの掟を自分のものとし」とありますが、この掟とは「互いに愛し合いなさい。わたしがあなた方を愛したように、互いに愛し合いなさい」(ヨハネ13・34)という意味です。

このことをちょっと頭の隅に置いて、イエス様が弟子たちに話された、「わたしを愛する者は、わたしの言葉を守る。」と言われた、「わたしの言葉」というのは、【新しい掟】である「互いに愛し合いなさい。わたしがあなた方を愛したように、互いに愛し合いなさい」ということではないでしょうか。イエス様は、この【新しい掟】を守る人をおん父も愛されると言われ、ご自分がその人の所に行って、おん父とともにそこに住む、と言われます。パウロは「あなた方は知らないのですか。あなた方は神の住まいであり、神の霊があなた方の中に住んでおられることを。」(1コリント3・16)と伝えています。私たちの中には、この三位一体の神がお住まいになっていることをパウロも伝え、イエス様もお約束してくださっています。

ただ、イエス様を愛さない人、拒む人、反対する人は残念ですがこの掟を守ることができません。この短い言葉の中には、面と向かってイエス様に反対する人のことを言っているのではないようです。フランシスコ教皇は、使徒的勧告『喜びに喜べ』で「福音を生きるうえで、すべてがうまくいくとの期待はできません。権力欲や世俗的な利害関心が私たちに影響するからです」(91)と書いています。このような欲への誘惑は、日常の生活の中で私たちが陥りやすくイエス様の【新しい掟】を守ることから遠ざけてしまいます。

イエス様の生活は一貫して【新しい掟】を誰に対しても行ってきましたし、弟子たちにも伝えられます。しかし、私たちもそうですがあまりにも身近なことは聞き流したり、自分が体験しないと耳から聞いただけでは自分のものとして実感したりすることができません。イエス様は、ご自分が弟子たちのもとを去って行った後の助けてとして、弁護者として【聖霊】が遣わされることをお約束されます。この【弁護者】は、「慰めを与、教え、助け、励まし、力を与える者」という意味のようです。イエス様は、「その方がすべてのことをあなた方に教え、わたしが言ったことをすべて思い起こさせてくださる。」と言われます。私たちの中には、三位一体の神が住まわれ、さらにその中の【聖霊】がイエス様の教えをすべて伝えてくださることを約束されているのです。

さらにイエス様は、「わたしはあなた方に平和を残す。わたしの平和をあなた方に与える。わたしは世が与えるように、これを与えるのではない。」と言われます。イエス様は、私たちにご自分の「平和」を残され、与えられます。これは、私たちがイエス様から「平和を自由に使っていいですよ」と言われているのではないでしょうか。ただし「世が与えるように」ではないようです。フランシスコ教皇は「心の平安を、出世、むなしい快楽、所有、他者の支配、社会的イメージに求めるような誘惑に陥らないようにしましょう」(使徒的勧告『喜びに喜べ』(121))で書いています。私たちは、イエス様から頂いた【平和】を精一杯使うだけではなく、その【平和】を周りの人に分かち合うことができたらいいですね。

イエス様は、最後にご自分が弟子たちの前から去っていき、おん父のもとに行かれることを伝えますが、同時に、「わたしが行って、あなた方のために場所を準備したら、戻ってきて、あなた方をわたしのもとに迎えよう」(ヨハネ14・3)と弟子たちの迎え先を準備されます。

イエス様は、私たちに【新しい掟】を与えられ、私たちの中におん父と共に住まわれ、さらに聖霊と平和を残され、最後には、天の国での住まいまで確保してくださいます。私たちは、これほどまでもイエス様から愛されています。私たちは、イエス様から与えてくださった「いつくしみの【愛】」というパスワードをもっともっと周りの人と分かち合うことができたらいいですね。

あなたにオススメ