がんばるシスターに感謝を伝えたい――おでかけTomaP

とまにちわ!

5月の第2日曜日は、母の日。
感謝を伝える日ですね!

その起源には諸説あるようで、よく知られているのは「100年ほど前のアメリカ・ウェストヴァージニア州で、アンナ・ジャービスという女性が亡き母を追悼するため、1908年5月10日にフィラデルフィアの教会で赤いカーネーションを配ったのが始まり」という説のようです。

この風習は1910年、ウェストヴァージニア州の知事が5月の第2日曜日を母の日にすると宣言し、やがてアメリカ全土に広まっていき、1914年には5月の第2日曜日が「母の日」と制定されました。

ちなみに、日本で初めて母の日のイベントが行われたのは明治末期頃。
1915年(大正4年)には教会で お祝いの行事が催されるようになったんだそうです。

そんな母の日は、師イエズス修道女会四谷修道院の共同体で、ミッションを果たしておられる、シスター方にささやかな感謝を伝えよう!

と、向かったのは、四ッ谷駅のアトレ(駅ナカ商業施設)にある「プレジュール」という花屋さん。
やっぱり母の日はカーネーションですよね?
さすがに、やっぱり、母の日の前日はバリエーションが豊富! が、あまりに多いと逆に迷う…。

悩んだ結果、直感で選んだのが、ピンクのカーネーションの鉢植え。
なんとなく、このピンクのカーネーションはシスターに似合うと思ったのです!
あと、花のボリューム感とお値段が、絶妙にしっくり(苦笑)。

後で調べてみたら、ピンクのカーネーションの花言葉は、「感謝・上品・あたたかい心」。
ちなみに、赤は「愛情・情熱」、白は「尊敬」、紫は「誇り・気品」。色によって違いがある!

それから、花屋さんの隣にあった「御門屋」という、揚げまんじゅうの有名なお店で、おすすめのギフトもチョイスしてみました。
やっぱり、はなよりおだんご、ですよね。
というか、和菓子で大丈夫かな?

そして、母の日の朝。シスター方にささやかな感謝の言葉とともに、プレゼントも無事にお渡しすることができました。
いつもありがとうございます!
そして、これからもどうぞよろしくお願いします!!

「家庭の友」2018年5月号より引用

あなたにオススメ