イエス様と共にという種 復活節第3主日(ヨハネ21・1〜19)

人との出会いは、不思議な縁です。あたかも自分がその人と出会ったと思われがちですが、実はおん父のご計画と言ってもいいでしょう。弟子たち同士の出会いもイエス様が選ばれましたが、弟子たちが福音宣教の中で出会う人々も三位一体の神を通しての出会いではないでしょうか。

きょうのみことばは、「不思議な漁」と「イエス様とペトロとの愛の確認」の2つの場面です。ペトロと6人の弟子たちは何を語っていたのでしょうか。彼らはイエス様がいないなか「何かをしたい」という気持ちになったのでしょう。それでペトロが「わたしは漁に出る」という一言で他の6人の弟子たちも一緒に「わたしたちも一緒に行く」と言って出かけます。

イエス様がおられる時の弟子たちは、いつもイエス様が行かれる所に一緒について行き、イエス様が言われるままに仕事をしていたことでしょう。しかし、今の彼らの中には、イエス様がおられませんでした。それでも彼らは、今まで自分たちがしてきた「漁」をしようと自発的に動き始めたのです。残念ながら夜通し漁をしたのにも関わらず、1匹の魚も捕れませんでした。夜が明ける頃弟子たちは、きっと魚が捕れなかったことに肩を落として岸に戻っていたことでしょう。そんな彼らにイエス様は、「子らよ、何か食べるものはないのか」と尋ねられます。弟子たちは、「ありません」と答えます。彼らは、どのような気持ちで「ありません」と言ったのでしょう。1匹も捕れないで落ち込んでいる時によくもまあ人の気持ちもわからず、「子らよ、何か食べるものはないのか」と言えるものだ、と思ったのかもしれません。

イエス様は、「舟の右側に網を打ちなさい。そうすれば捕れる」と言われます。そうすると、網を引き上げることができないほどのたくさんの魚が捕れたのです。このことは、イエス様が関わることで奇跡が行われるといことを私たちに教えているのではないでしょうか。イエス様は、弟子達が【自分たち】で何かをしなければ、と思って漁に出ても徒労となってしまうことを気づかされたのではないでしょうか。7人を乗せた舟は、教会共同体を表しているようです。しかし、そこに【イエス様】がいなければ空回りをし、夜通し福音宣教をしたとしても実りがないということを私たちに気づかせているような気がいたします。

この不思議な漁の出来事で、イエスの愛した弟子はペトロに「主だ」と伝えます。弟子たちは、声をかけられた人がイエス様だと分からなかったにも関わらず、この奇跡によって以前、イエス様と出会ったときの思い出が蘇り、やっとイエス様だと気づくのです。私たちは、イエス様との信仰体験を度々受けているのではないでしょうか。それが、たとえ私たちの意識がなくても、イエス様は、私たちの中で働かれておられます。そして、ある時、ふとご自分の働きを私たちに気づかせてくださるのではないでしょうか。私たちとイエス様との出会いは、それぞれ違いますが、ただ、共通して言えることはその出会いが忘れられないということです。

イエス様は、弟子たちが岸に着く前に彼らのために食卓の準備をしてくださっています。そこには、イエス様の「いつくしみの愛」が表れています。イエス様は、いつも弟子たちのことを愛され、一緒に食卓を囲むことを好まれておられるのです。弟子たちもイエス様との食卓を楽しんだことでしょう。彼らのこの【食事】の体験は、私たちにも引き継がれていると言ってもいいのではないでしょうか。

食事が終わるとイエス様は、シモン・ペトロに「ヨハネの子シモン、この人たち以上に、あなたはわたしを愛しているか」と言われます。このことは、教会共同たちの仲間よりも【わたし(イエス様)】を愛しているかということを確認されているではないでしょうか。私たちは、【私が】教会共同体の仲間を愛しているという【錯覚】をすることが多いようです。例えば、私がこの奉仕をしている、私がこの役目を担っている、というようにイエス様のことを忘れ【私】が前に出てしまいます。イエス様がペトロに「この人たち以上に、この人たち以上に、あなたはわたしを愛しているか」と言われたのは、まず、ご自分を中心にしなさい、私の愛に気づいてください、と私たちに教えておられるのではないでしょうか。

イエス様は、ペトロの「はい、主よ、ご存知のように、わたしはあなたを愛しています」という確認をお受けになられ、「わたしの小羊を飼いなさい」と言われます。このイエス様の問いかけは、私たちにも問いかけられていると言ってもいいでしょう。イエス様は、ご自分を愛していない人に福音宣教の使命をお与えになることができません。イエス様は、私たちがご自分を【愛】していることを確認されて初めて福音宣教をすることを頼まれます。私たちは、たとえどんなに良いことをしようとしても、イエス様を愛しているということを忘れてしまっては、福音宣教にはならないのです。私たちは、イエス様の【愛】を忘れることなく、イエス様とともにイエス様に従っていくことができたらいいですね。

あなたにオススメ