復活節第3主日(2019年5月5日)福音書のメッセージ動画

弱い、俗っぽい人間だった弟子たちが
命を懸けてイエスを伝えた。

この180度の転換には、
何かがあったはず
と、遠藤周作は確信する。

弟子たちは何を体験したのか?
今日の福音書はその体験を伝える。

ヨハネによる福音書 21章1節~19節
その後、イエスはティベリアス湖畔で、再び弟子たちにご自分を現された。現された次第は次のとおりである。シモン・ペトロ、ディディモと呼ばれるトマス、ガリラヤのカナ出身のナタナエル、ゼベダイの息子たち、それに、ほかの二人の弟子がともにいた。シモン・ペトロが「わたしは漁に出る」と言うと、彼らは「わたしたちも一緒に行く」と言った。一同は出かけて、舟に乗り込んだ。しかし、その夜は何も捕れなかった。すでに夜が明けたころ、イエスが岸にお立ちになった。しかし、弟子たちはイエスだとは分からなかった。イエスは、「子らよ、何か食べるものはないのか」と仰せになった。弟子たちは、「ありません」と答えた。イエスは彼らに仰せになった、「舟の右側に網を打ちなさい。そうすれば、捕れる」。そこで、網を打つと、魚がいっぱいかかって、網を引き上げることができなかった。イエスの愛しておられたあの弟子が、ペトロに「主だ」と言った。シモン・ペトロは「主だ」と聞くと、下には何も着ていなかったので、仕事着の裾をからげて、湖に飛び込んだ。ほかの弟子たちは、魚のかかった網を引きながら、舟に乗って戻ってきた。彼らは、陸からあまり遠くない二百ペキスほどの所にいた。さて、彼らが陸に上がると、炭火がおこしてあり、魚が一匹その上に載せてあり、またパンもあるのが見えた。イエスは、「今捕った魚を何匹か持って来なさい」と仰せになった。シモン・ペトロは舟に上がって網を陸に引き上げた。網は百五十三匹もの大きな魚でいっぱいになっていた。それほど魚が多かったのに、網は破れていなかった。イエスは、「さあ、朝の食事をしなさい」と仰せになった。弟子たちは誰も「あなたはどなたですか」とあえて尋ねはしなかった。主であることを知っていたからである。イエスは近づいて来て、パンを取り、彼らに与え、また、魚も同じようになさった。イエスが死者の中から復活した後、弟子たちにお現れになったのは、これでもう三度目である。
さて、食事が終わると、イエスはシモン・ペトロに仰せになった、「ヨハネの子シモン、この人たち以上に、あなたはわたしを愛しているか」。ペトロは答えた、「はい、主よ、ご存じのように、わたしはあなたを愛しております」。すると、イエスは仰せになった、「わたしの小羊を飼いなさい」。イエスは再び仰せになった、「ヨハネの子シモン、あなたはわたしを愛しているか」。ペトロは答えた、「はい、主よ、ご存じのように、わたしはあなたを愛しております」。イエスは仰せになった、「わたしの羊の世話をしなさい」。イエスは三度仰せになった、「ヨハネの子シモン、あなたはわたしを愛しているか」。ペトロは三度も、「あなたはわたしを愛しているか」と尋ねられたので、悲しくなった。そして、言った、「主よ、あなたは何もかもご存じです。わたしがあなたを愛していることを、あなたはご存じのはずです」。イエスはペトロに仰せになった、「わたしの羊を養いなさい。
よくよくあなたに言っておく。
あなたは若かった時には、
自分で帯を締め、行きたい所に行っていた。
しかし、年をとると、
両手を伸ばし、ほかの人に帯を締められ、
行きたくない所に連れて行かれる」。
イエスは、ペトロがどのような死に方で神に栄光を帰すことになるかを示して、こう言われたのである。こう話した後、ペトロに仰せになった、「わたしに従いなさい」。

あなたにオススメ