復活節第2主日(2019年4月28日)福音書のメッセージ動画

挫折と不信感の闇の中、
トマスが体験したのは、
咎めず、見捨てず、希望を与えるイエス。

「見ないで信じる人は幸いである」

これは私たちに言われたことば。
イエスが私たちに求める「信じる」とは?

ヨハネによる福音書 20章19節~31節
その日、すなわち、週の初めの日の夕方のことであった。弟子たちはユダヤ人を恐れて、自分たちがいた場所の戸にはことごとく鍵をかけていた。そこに、イエスがおいでになって、真ん中に立って仰せになった、「あなた方に平和があるように」。そう仰せになって、両手と脇腹とをお見せになった。弟子たちは主を見て喜んだ。イエスは重ねて仰せになった、「あなた方に平和があるように。
父がわたしをお遣わしになったように、
わたしもあなた方を遣わす」。
こう言ってから、弟子たちに息を吹きかけて仰せになった、
「聖霊を受けなさい。
誰の罪であれ、
あなた方が赦せば、その罪は赦され、
あなたが赦さないなら、赦されないまま残る」。
十二人の一人、ディディモと呼ばれるトマスは、イエスがおいでになったとき、彼らとともにいなかった。そこで、ほかの弟子たちが「わたしたちは主を見た」と言うと、トマスは言った、「わたしはその手に釘の跡を見、自分の指をその釘の跡に入れてみなければ、また、自分の手をその脇腹に入れてみなければ、決して信じない」。さて八日の後、弟子たちはまた家の中におり、トマスも彼らとともにいた。戸にはみな鍵がかけてあったのに、イエスがおいでになって、真ん中に立って仰せになった、「あなた方に平和があるように」。それから、トマスに仰せになった、「あなたの指をここにあてて、わたしの手を調べなさい。あなたの手を伸ばして、わたしの脇腹に入れなさい。信じない者ではなく、信じる者になりなさい」。トマスは答えて言った、「わたしの主、わたしの神よ」。イエスはトマスに仰せになった、
「あなたは、わたしを見たから信じたのか。
見ないで信じる人たちは幸いである」。
このほかにも、イエスは弟子たちの前で、この本には書かれていない数多くの徴を行われた。以上のことを書き記したのは、イエスが神の子メシアであることを、あなた方が信じるためであり、また、信じて、イエスの名によって命を得るためである。

あなたにオススメ