受難の主日(2019年4月14日)福音書のメッセージ動画

イエスの処刑は
当時の最高権威者も明言する冤罪。

ルカ福音書が伝える
十字架に向かう無実のイエス。

その歩みの中には
苦しみではなく、愛の勝利、
愛の極みが輝く。

ルカによる福音書 23章1節~49節
そのとき、民の長老団、祭司長、律法学者たちは立ち上がって、イエスをピラトのもとへ連れていった。そして、イエスを訴えて言った、「この男はわたしたちの国民を惑わし、皇帝に税を納めることを禁じ、また、自分こそ王であるメシアだと主張しているのを確かめました」。そこで、ピラトはイエスに尋ねた、「お前はユダヤ人の王か」。イエスはお答えになった、「それは、あなたが言っていることです」。ピラトは祭司長たちや群衆に言った、「わたしはこの男に何の罪も認めない」。しかし、彼らは言い張った、「この男は、ガリラヤからはじめてこの都に至るまで、ユダヤ全土で教えを説き、民衆を扇動しています」。
これを聞いたピラトは、この男はガリラヤ人かと尋ねた。そして、イエスがヘロデの管轄下にあることを知って、イエスをヘロデのもとに送った。ちょうどそのころ、ヘロデもエルサレムに来ていたからである。ヘロデはイエスを見ると、非常に喜んだ。うわさを聞いて、以前からイエスに会ってみたいと思っていたし、イエスが行う奇跡を見たいと望んでいたからである。そこで、ヘロデは言葉を尽くして尋ねたが、イエスは何もお答えにならなかった。祭司長や律法学者たちは立ち上がって、必死にイエスを訴えた。ヘロデもまた、自らの兵士たちとともにイエスを辱め、なぶりものにしたあげく、派手な衣を着せて、ピラトのもとへ送り返した。それまでは敵意を抱いていたが、この日、ヘロデとピラトは互いに親密になった。
そこで、ピラトは祭司長や議員たち、そして民を呼び集めて言った、「あなた方は、この男を、民を惑わす者として、わたしの所へ連れてきた。わたしはあなた方の前で、この男を取り調べたが、訴えられるような罪は何一つ認められなかった。ヘロデもまた同様であったので、この男を送り返してきた。確かに、この男は死に値するようなことは何一つしていない。だから、わたしは懲らしめたうえで、この男を釈放する」。すると、彼らは一斉に叫んだ、「その男を殺せ。バラバを釈放しろ」。このバラバは、都に起こった暴動と殺人のかどで投獄されていた。ピラトはイエスを釈放したいと思って、再び呼びかけた。しかし、人々は叫び続けた、「十字架につけろ、十字架につけろ」。ピラトは、三度彼らに向かって言った、「いったい、この男がどんな悪事を働いたというのか。この男には、死に値する罪は何も認められなかった。だから懲らしめたうえで、この男を釈放することにする」。しかし、人々はあくまでイエスを十字架につけるよう主張し、大声で要求した。そして、とうとう彼らの声が勝ち、ピラトは彼らの要求を入れることに決定した。そこで、全議員は立ち上がって、イエスをピラトのもとへ連れていった。そして、彼らの要求どおり、暴動と殺人のかどで投獄されていた男を釈放し、イエスを彼らに引き渡し、思うままにさせた。
さて、イエスを引いていく途中、兵士たちは、田舎から出てきたシモンというキレネ人を捕まえて、十字架を担わせ、イエスの後から運ばせた。大勢の民がイエスの後に従った。その中には、イエスのことを嘆き悲しむ女たちがいた。そこで、イエスは彼女たちの方を振り向いて、仰せになった、「エルサレムの娘たちよ、わたしのために泣かなくてもよい。むしろ、自分自身のため、また自分の子供たちのために泣きなさい。それは、人々が『不妊の女、子を産んだことのない胎、吸わせたことのない乳房は幸いである』と言う日が来るからである。そして、その時、人々は山に向かって、『わたしたちの上に崩れ落ちよ』と言い、丘に向かって、『わたしたちを覆え』と言い出すであろう。生木でさえこうされるのなら、いったい枯れ木はどうなるであろうか」。また、ほかにも二人の犯罪人が、イエスとともに死刑に処されるために、引かれていった。
さて、「髑髏」と呼ばれている所に着くと、兵士たちはイエスを十字架につけた。また、犯罪人も、一人はイエスの右に、一人は左に十字架につけた。その時、イエスは仰せになった、「父よ、彼らをお赦しください。彼らは自分が何をしているのか分からないのです」。兵士たちはくじを引いて、イエスの衣を分け合った。
民はそこに立って見ていた。議員たちもあざけって言った、「あの男は他人を救った。もし神のメシアで、選ばれた者なら、自分を救うがよい」。兵士たちもイエスに近寄ってきて、酸いぶどう酒を差し出し、なぶりものにして言った、「もしお前がユダヤ人の王なら、自分を救ってみろ」。イエスの頭の上には、「これはユダヤ人の王」と記した札があった。
十字架にかけられた犯罪人の一人が、イエスを侮辱して言った、「お前はメシアではないか。自分とおれたちを救ってみろ」。すると、もう一人の犯罪人が彼をたしなめて言った、「お前は同じ刑罰を受けていながら、まだ神を畏れないのか。われわれは、自分のやったことの報いを受けているのだからあたりまえだが、この方は何も悪いことをなさってはいない」。そして言った、「イエスよ、あなたがみ国に入られるとき、わたしを思い出してください」。すると、イエスは仰せになった、「あなたによく言っておく。今日、あなたはわたしとともに楽園にいる」。
さて、時はすでに正午ごろであった。全地を闇が覆い、三時まで続いた。太陽は光を失った。聖所の垂れ幕が真ん中から二つに裂けた。その時、イエスは声高く叫んで仰せになった、「父よ、わたしの霊をみ手に委ねます」。こう仰せになると、息を引き取られた。百人隊長はこの出来事を見て、神を賛美して言った、「まことに、この方は正しい人だった」。見物に集まっていた群衆もみな、このいろいろな出来事を見て、胸を打ちながら帰っていった。イエスの知人たちや、ガリラヤからイエスに従ってきた婦人たちはみな、遠くに立ち、これらのことを見ていた。

あなたにオススメ