四旬節第5主日(2019年4月7日)福音書のメッセージ動画

姦通罪の女性をどうするか?
当時の掟では石殺しの刑。

イエスの答えは
「罪を犯したことのない人が石を投げなさい」

イエスは女性を責めずに信じた。
私たちも同じ信頼感に支えられている。

ヨハネによる福音書 8章1節~11節
そのとき、イエスはオリーブ山に行かれた。朝早く、再び神殿の境内にお入りになった。すると、民衆がこぞっておそばに寄ってきたので、腰を下ろして、教え始められた。律法学者とファリサイ派の人々が、姦通の現場で捕らえられた女を連れてきて、真ん中に立たせ、イエスに言った、「先生、この女は姦通をしている時に捕まったのです。モーセは律法の中で、このような女は石を投げつけて殺すようにと、わたしたちに命じています。ところで、あなたはどう考えますか」。こう言ったのは、イエスを試みて、訴え出る口実を得るためであった。イエスは身をかがめて、地面に指で何かを書き始められた。しかし、彼らが執拗に問い続けるので、イエスは身を起こして仰せになった、「あなた方のうち罪を犯したことのない人が、まずこの女に石を投げなさい」。そして、再び身をかがめて、地面に何か書いておられた。これを聞くと、人々は年長者から始まって、一人、また一人と去っていった。そして、イエス一人が、真ん中にいた女とともに残られた。イエスは身を起こして仰せになった、「婦人よ、あの人たちはどこにいるのか。誰もあなたを罪に定めなかったのか」。彼女は、「主よ、誰も」と答えた。イエスは仰せになった、「わたしもあなたを罪に定めない。行きなさい。そしてこれからは、もう罪を犯してはならない」。

あなたにオススメ