「三位一体」という表現 三位一体の主日(ヨハネ16・12~15)

「三位一体」という表現も最近では耳慣れするようになりましたが、この表現はいつから使われるようになったのでしょうか。『カトリック大辞典』(研究社発行)を参考にすると、「三位一体」という表現は、「『一つにまとめられた三つのもの』を意味する『トリアス』という言葉である。現存する資料にトリアスという語が最初に現れるのは、一八一年頃に書かれたアンティオキアのテオフィロスの著書においてである(『護教論』2、15)。ラテン語のトリニタスを最初に用いたのは、テルトゥリアヌスである。キリスト者たちはまた、父と子と聖霊との一体性と区別を示し、さらに御子と聖霊の御父からの由来を示すためにさまざまな譬えを考え出した。①泉、川、用水路、②太陽、光線、輝き、③根、木、花、④木、花、香などである」。確かに「一つにまとめられた三つのもの」と言われても、何のことだろうと思うことでしょう。難しい教義だけに、自然界にまつわる譬えを考え出したのかもしれません。

事実、「三位一体」という表現はとても古い歴史をもっています。「一つにまとめられた三つのもの」ということで、アレキサンドリアの司祭であったアリウス(256年~336年)の異端が生じ、そのために聖アタナシオ(296年~373年)、さらにはカパドキアの三教父(バジレイオス、ナジアンズのグレゴリオ、ニッサのグレゴリオ)が、解決のために道を切り開いていきます。こうしてアリウスの意見は排斥され、三二五年にニケア公会議が開催され、そこで唯一の神は、父、子、聖霊の三つのペルソナということが決定されていきます。さらに四五一年のカルケドン公会議で確認されていきました。

教義の側面で三位一体を考えていくと、何となく厳格さが漂ってきますが、御父、御子、聖霊が一つであるという教えの中に、一致のモデルともいえるものが見えてきます。

あなたにオススメ