四旬節第3主日(2019年3月24日)福音書のメッセージ動画

人生の様々な不幸は天罰なのか?
実を結ばない木は切り倒されるのか?

人々の心に深く刻み付けられた、
罰を与える神、怒る神。

イエスは生涯をかけて
この神理解を根底から覆す。

ルカによる福音書 13章1節~9節
まさにそのとき、数人の人が来て、ピラトがガリラヤ人の血を、彼らの犠牲に混ぜたことを、イエスに告げた。そこで、イエスは答えて仰せになった、「あなた方は、そのガリラヤ人たちが、そのような災難に遭ったからといって、ほかのすべてのガリラヤ人よりも、罪深い人々だったと思うのか。そうではない。あなた方に言っておく。あなた方も悔い改めなければ、みな同じように滅びる。また、シロアムの塔が倒れ、死んでいったあの十八人は、エルサレムに住んでいるほかのすべての人々よりも、咎があったと思うのか。そうではない。あなた方に言っておく。あなた方も悔い改めなければ、みな同じように滅びる」。
そして、イエスは次の喩えを語られた、「ある人が、自分のぶどう園にいちじくの木を植えておいた。ある日、その実を捜しにいったが、一つも見つからなかった。そこで、ぶどう園の番人に言った、『三年このかた、このいちじくの木に実を捜しに来ているのに、一つも見つけたことがない。切り倒しなさい。なぜ、土地を無駄に使っているのか』。すると、番人は答えた、『ご主人さま、今年もう一年、このままにしておいてください。木の周りを掘って、肥料をやってみます。そうすれば、来年は実を結ぶでしょう。もしそれでもだめなら、切り倒してください』」。

あなたにオススメ