四旬節第2主日(2019年3月17日)福音書のメッセージ動画

安定した輝く人生を求めて
楽園を願望する私たち。

イエスは山から下りて現実を生き
十字架上でぼろぼろになった時
究極の輝きを見せた。

イエスが伝えようとした
人間としての輝きとは?

ルカによる福音書 9章28b節~36節
そのとき、イエスはペトロとヨハネとヤコブを連れて、祈るために山にお登りになった。祈っておられると、イエスの顔の様子が変わり、衣は真っ白に輝いた。そして、二人の人がイエスと話し合っていた。それはモーセとエリヤで、彼らは栄光のうちに現れて、イエスがエルサレムで成し遂げようとしておられる最期について語り合っていた。ペトロとほかの二人は、ひどく眠かった。それでも目を覚ましていると、イエスの栄光と、イエスとともに立っている二人の人を見た。この二人がイエスから離れようとしたとき、ペトロはイエスに言った、「先生、わたしたちがここにいるのは、素晴らしいことです。三つの仮の庵を造りましょう。一つはあなたのため、一つはモーセのため、一つはエリヤのために」。ペトロは自分で言っていることが分かっていなかった。ペトロがこう言っていると、雲が起こって彼らを覆った。雲に包まれたとき、彼らは恐れた。すると、雲の中から声がした、「これはわたしの子、選ばれた者。彼に聞け」。この声がしたとき、そこには、イエスだけがおられた。弟子たちは沈黙を守り、自分たちが見たことを、そのころ、誰にも話さなかった。

あなたにオススメ