愛で満たすという種 年間第8主日(ルカ6・39〜45)

ある神父様が、「『せっかくしてあげたのに。』という言葉や思いが出る行いは、気をつけなさい。それは、傲慢な行いだから。」と教えてくださいました。時々、相手に対して良かれと思って人に言ったり、行ったりすることがあるのではないでしょうか。この神父様の言葉は、今も心の中で時々響いて私を助けてくれます。

きょうのみことばは、イエス様が弟子たちに「弟子としての在り方」を教えている場面です。イエス様は、このみことばの前におん父の憐れみの深さを教えてくださいました。今度は、「弟子たちがその憐れみ深い愛を受けて人々に接しなさい」と教えておられるようです。イエス様は、「盲人が盲人を道案内できるだろうか。2人とも穴に落ちないだろうか。弟子はその師に勝るものではない。しかし、誰でも十分に修行を積めば、その師のようになる。」と話し始めます。

この「盲人が盲人を道案内できるだろうか。2人とも穴に落ちないだろうか。」というちょっと聴きなれない言葉は、弟子たちに【盲人】ではなく、「しっかりと目を開けて偏ることなく周りをよく見て、注意を払いなさい」ということを教えているようです。イエス様は、弟子たちに自分のことをよく知ること、狭い考えではなく広い視野を持って相手に接することを教えているのではないでしょうか。私たちは、相手に対して偏見を持ってしまったり、相手の表面的な言葉に左右されたりします。そうではなく時には、相手をよく見ること、その人の言葉や行いがどのようなことからくるのかを、深く掘り下げることの大切さをイエス様が気づかせてくださっているのかもしれません。

イエス様は、私たちが弟子として成長するように「誰でも十分に修行を積めば、その師のようになる。」と言われ、ご自分のようになるようにと導いてくださっています。私たちは、自分のような者がイエス様のようになることなんて、と思いがちです。しかし、イエス様は、【誰でも】と言われます。ただ【十分に修行を積む】ことが必要になります。これは、祈りや究明、犠牲、そして愛の行いを通してイエス様に【倣う】ということではないでしょうか。そのためには、盲人という視野の狭さではなく、愛を持って自分を見つめ、同じように相手に対しても見つめなさい、と言われているようです。私たちは、洗礼の恵みを受けイエス様という最高の【師】をいただきました。イエス様が、「あなた方の父が憐れみ深いように、あなた方も憐れみ深い者となりなさい」(ルカ6・36)と教えられているように、私たちもおん父の憐れみ深い愛を身につけ【十分な修行】を積むことができたらいいですね。

イエス様は、「兄弟の目にあるおが屑は見えるのに、なぜ、あなたの目にある丸太に気づかないのか。自分の目にある丸太を見ずに、どうして、兄弟に向かって、『兄弟よ、あなたの目にあるおが屑を取り除かせてくれ』と言えるだろうか。」と言われます。イエス様のこの言葉は、私たちが陥りやすい誘惑に対して注意しなさい、と言われているようです。私たちが耳にする「自分のことは棚に上げて……」という言葉がまさにイエス様が言われる「『兄弟よ、あなたの目にあるおが屑を取り除かせてくれ』と言えるだろうか。」ということに繋がると言ってもいいでしょう。

もし、私たちが自分の目にある【丸太】という欠点、罪深さ、傷に気づくとき、人に対しても優しくできるのではないでしょうか。イエス様は、「貧しい人は、幸いである。」(ルカ6・20)と言われます。私たちは、自分が貧しい者だという謙遜な心を持つとき、自分に対しても相手に対しても優しくなり、赦すことができることでしょう。イエス様は、「人のおが屑を取ることが大切なのではなく、ありのままの自分を見つめて、丸太を取り除きなさい。そうすれば、人の【おが屑】を受け入れることができる」と言われているのではないでしょうか。イエス様は、人を裁くことより、人を受け入れ愛することを教えておられるのです。

イエス様は、弟子たちにご自分のようになって欲しいと思っておられます。ですから、「善い木は悪い実を結ばず、悪い木は善い実を結ばない。……善い人は、心にある善い倉から良い物を出し、悪い人は、心にある悪い倉から悪い物を出す。口は心に溢れることを語るものである。」と言われます。私たちは、人の心が愛や喜びで満ち溢れている時、自然と表情や態度、声のトーンまでは明るくなるということを知っています。イエス様は、私たちの心をご自分のような【いつくしみの愛】で満たしてください、と言われているのではないでしょうか。

イエス様は、私たち一人ひとりをいつくしみの愛をもって導いてくださっています。きょうのみことばは、私たちがイエス様の弟子として人を導く時に陥りやすい「自分がなんとかしないと。私がせっかく助けたのにと」いう【傲慢さ】に気をつけるように、むしろ愛に満たされ、おん父の慈しみの心を養い、人を裁くのではなく赦すことを教えているのではないでしょうか。私たちは、このイエス様のいつくしみの愛を持って人に接することができたらいいですね。

あなたにオススメ