共観福音書とは何ですか?――キリスト教知恵袋

共観福音書は、マタイ、マルコ、ルカの三つの福音書のことを指します。
これら3書は、共に観て比較できるということで、一括して共観福音書と呼ばれています。

新約聖書のマタイ、マルコ、ルカ、ヨハネの四つの福音書は、2世紀ごろからすでに4福音書として集成されていました。

はじめの3書には共通点も多く、ヨハネによる福音書とは別の性格をもっています。

マタイ、ルカ福音書は、マルコ福音書をもとに書かれていることは、使用されている言語、内容から明らかです。

マタイ、ルカは、マルコ福音書と並んで、彼らだけが共通して使用している資料があります。
それは、「Q資料」または「Q文書」と言われています。

共観福音書には、主にイエス・キリストの誕生、神の業、神の国についての教え、受難・復活などが大きく取り扱われています。

それに比べて、ヨハネ福音書は、書かれた時期も遅く、また、共観福音書を前提として書かれていますので、共観福音書を補い、共観福音書には簡単に述べられているものは、詳細に取り扱われています。

共観福音書は、共通点が多いと言ってもそれぞれ固有の構成をもち、対象、著者の目的などを反映させています。

あなたにオススメ