年間第6主日(2019年2月17日)福音書のメッセージ動画

山から下り、平らなところで、
イエスが語る「幸い」は、

苦しんでいる人、泣いている人、飢えている人に
安心を与えるメッセージ。

ルカ福音書が伝えるイエス。
どんな存在なのか読み深めたい。

ルカによる福音書 6章17節、20節~26節
そのとき、イエスは使徒たちとともに山を下り、平らな所にお立ちになった。大勢の弟子たちや、ユダヤ全土、エルサレム、ティルスとシドンの海岸地方から来、おびただしい民の群れが、集まってきていた。
イエスは弟子たちに目を注いで、仰せになった、
「貧しい人々は、幸いである。
神の国はあなた方のものである。
今、飢えている人々は、幸いである。
あなた方は満たされる。
今、泣いている人々は、幸いである。
あなた方は笑うようになる。
人々があなた方を憎むとき、また人の子のために追い出し、ののしり、あなた方の名を汚らわしいものとして葬り去るとき、あなた方は幸いである。その日には喜び躍れ。天におけるあなた方の報いは大きい。彼らの先祖も、預言者たちに対して同じことをしたのである。
しかし、富んでいるあなた方は、不幸である。
あなた方はすでに慰めを受けている。
今、満腹しているあなた方は、不幸である。
あなた方は飢えるようになる。
今、笑っているあなた方は、不幸である。
あなた方は悲しみ泣くようになる。
人々がみなあなた方をほめそやすとき、あなた方は不幸である。彼らの先祖も、偽預言者たちに対して同じことをしたのである」。

あなたにオススメ