日本からも参加、フィリピンでCAP-ESW会議

スクリーンショット 2019-02-09 9.23.41
CAP-ESW
スクリーンショット 2019-02-08 10.13.29
スクリーンショット 2019-02-08 10.14.24
スクリーンショット 2019-02-08 10.13.38
スクリーンショット 2019-02-09 9.24.19
スクリーンショット 2019-02-09 9.23.17
スクリーンショット 2019-02-09 9.24.48
スクリーンショット 2019-02-09 9.23.31
スクリーンショット 2019-02-09 9.24.08

2019年2月6日、フィリピンのマニラで、文書編集ガイドラインに関する3日間のセミナーのために、日本、韓国、フィリピン、インド、オーストラリア、米国の使徒職責任者、編集責任者など23人が集りました。

会議は楽しいダンスと祈りで始まり、特に海外から来た参加者を歓迎しました。

そして総長から参加者への手紙が読まれました。総長は参加者全員に 「大胆さと創造性をもって、現在のコミュニケーション文化における私たちの使命の課題に立ち向かうために力を合わせることができる」という実りある会議を願いました。

各国の状況について報告や今後の戦略、各国間の使徒職協力の可能性についてなど、活発な議論が行われました。

あなたにオススメ