年間第5主日(2019年2月10日)福音書のメッセージ動画

ペトロに与えられた新しい役割
人間をとる漁師とは?

イエスが求めたのは、
神に対する姿勢の大転換
そして生き方の大転換

イエスが示そうとしたのは
どのような神だったのか?

ルカによる福音書 5章1節~11節
神の言葉を聞こうとして、群衆がイエスの周りに押し寄せて来たとき、イエスはゲネサレト湖の岸辺に立っておられたが、岸辺に、二そうの小舟が寄せてあるのをご覧になった。漁師たちは舟を降りて、網を洗っていた。イエスはそのうちの一そう、シモンの舟に乗り、岸から少し離れるようにお頼みになった。そして座って、舟から群衆にお教えになった。話し終えると、シモンに仰せになった、「沖に乗り出し、網を下ろして、漁をしなさい」。シモンは答えた、「先生、わたしたちは夜通し働きましたが、何も捕れませんでした。しかし、お言葉ですから、網を下ろしてみましょう」。そして、そのとおりにすると、おびただしい魚が掛かり、網が裂けそうになった。そこで、ほかの舟の仲間たちに合図して、加勢に来てもらったが、二そうの舟は魚でいっぱいになり、今にも沈みそうであった。これを見たシモン・ペトロは、イエスの足元にひれ伏して言った、「主よ、わたしから離れてください。わたしは罪深い者です」。シモンも、一緒にいた者もみな、捕れた魚の量に驚いたからである。ゼベダイの子で、シモンの仕事仲間であったヤコブとヨハネも同様であった。イエスはシモンに向かって仰せになった、「恐れることはない。今から後、あなたは人を漁るようになる」。そこで、彼らは舟を陸に上げると、一切を捨ててイエスに従った。

あなたにオススメ