私にとってのイエス様はという種 年間第4主日(ルカ4・21〜30)

私たちは、時として周りの人に対して「偏見」を持って見てしまうことがあります。例えば、「この人はこのような性格だから、きっとこのようなことを言うのだろう」とか、「あの人には、怒りっぽいからこのような質問しないほうがいい」とか、相手に対して間違った見方をしてうまくコミュニケーションをとることができなくなってしまうこともあるでしょう。しかし、しっかり付き合ってみれば、自分が誤解をしていたことに気がつくこともあるのではないでしょうか。

きょうのみことばは、イエス様が郷里のナザレの会堂で人々に「イザヤ書」を朗読した後に、みことばを伝える場面です。イエス様が読まれたイザヤ書は「主の霊がわたしの上におられる。貧しい人に福音を伝えるために、主はわたしに油を注がれたからである。主がわたしを遣わされたのは、囚われ人に解放を、目の見えない人に視力の回復を告げ知らせ、抑圧されている人に自由を与え、主の恵みの年を告げ知らせるためである」という箇所でした。イエス様は、この箇所を朗読された後に、「この聖書の言葉は、あなた方が耳にしたこの日に、成就した」と言われて話し始められます。

イエス様は、ご自分がおん父から遣わされたのは、イザヤ書に書かれたことを実現するためであると、人々に語られたのではないでしょうか。人々は、イエス様の言葉に耳を傾けたたえ、そして皆その恵みに満ちた言葉に驚きます。もしかしたら、今までも他の人がこのイザヤ書を朗読し聖書について解釈をしましたが、彼らはイエス様のように話すことができなかったのではないでしょうか。マルコ福音書には、「人々はその教えに非常に驚いた。イエスが律法学者のようにではなく、権威ある者のように教えられたからである」(マルコ1・22)とあることからイエス様の話には他の人と違って権威に満ちていたのでしょう。

人々は、イエス様の話を聞いて「これはヨセフの子ではないか」と言います。人々は、イエス様がどのように生まれ、成長したかを知っていました。中には、子供の頃に一緒に遊んだ人もいたことでしょう。さらに、マリア様やヨセフ様のこともよく知っていました。ですから、人々はイエス様の話を聞いて、たたえて驚きますが、心の中では、イエス様の言葉を素直に聞くことができなかったのではないでしょうか。ここに、彼らの傲慢な心が現れているのかもしれません。

イエス様は、「これは、ヨセフの子ではないか」と言う言葉を聞きかれ、人々の思いを感じます。イエス様の心は、悲しい思いや彼らの不信仰さに嘆かれたことでしょう。それで、「あなた方はきっと、『医者よ、まず自分自身を治せ』ということわざを引いて、『カファルナウムで、いろいろなことをしたと聞いたが、故郷のここでも行え』と言うだろう」と言われます。この『医者よ、まず自分自身を治せ』と言う意味には、カファルナウムや他の所で教えや奇跡を行なってもいいが、それ以上の奇跡をこの故郷のナザレ(自分自身)でも行え、と言うことのようです。ここには、人々の「エゴ」があるのではないでしょうか。

さらにイエス様は、「あなた方によく言っておく、預言者は、自分の故郷では受け入れられないものだ」と言われ、エリアが異邦人であるシドン地方のサレプタにいる1人のやもめのもとに遣わされたこと、エリシャがシリアのナアマンの皮膚病をいやしたことを話されます。このエリアもエリシャもユダヤ人なら誰でも知っている偉大な預言者でした。人々は、彼らがユダヤ人を放っておいて異邦人たちを癒したのかということに不満を持っていたのかもしれません。

ユダヤ人たちは、おん父がユダヤ人、異邦人という分け隔てなく愛され、癒されるということを理解できませんでした。これと同じようにナザレの人々もイエス様がたった今朗読され、話されたことを理解できなかったのです。彼らは、自分が貧しい者、抑圧された者、目が見えない者と感じていませんでした。イエス様は、いつくしみの愛を持って、彼らの傲慢な心を溶かそうとして、不信仰さに陥らないように「あなた方によく言っておく、預言者は、自分の故郷では受け入れられないものだ」と言われたのです。しかし、人々はイエス様への偏見や過度な期待からイエス様の言葉の意味を理解することができなかったのです。

人々は、イエス様を町の外に追い出し、町の立っている山の崖まで連れて行き、突き落とそうとします。ここに人々の心の変わりようを見ることができるのではないでしょうか。この場面を見るときイエス様のご受難を思い起こされます。人々はエルサレムに来られたイエス様をたたえますが、最後には「十字架につけろ」と叫びます。きょうのみことばは、イエス様のご生涯を伝えているようにも思えます。

私たちは、きょうのみことばを味わいながら、「私にとってのイエス様は」ということを改めて気がつかせていただくことができるのではないでしょうか。今一度、私がイエス様のことをどのように思っているのかを見つめ直すことができたらいいですね。

あなたにオススメ