2019年キリスト教一致祈祷週間(1月18日~25日)が全世界で行われます

キリスト教諸教会では、毎年1月18日~25日をキリスト教一致祈祷週間と定めています。

この1週間は、「父よ、あなたがわたしの内におられ、わたしがあなたの内にいるように、すべての人を一つにしてください。」(ヨハネ 17.21)と、切に祈られたキリストの心を大事にして祈る時です。

2019年のテーマは、「ただ正しいことのみを追求しなさい」(申命記16・18-20)です。

キリスト教一致祈祷週間で使われる毎年テーマや資料は、世界教会協議会(WCC)と教皇庁キリスト教一致推進評議会の共同事業として、各国から選ばれたキリスト教諸教会が協力して作成しています。

今年はヘンリエッテ・フタバラット・レバン博士を議長とするインドネシア教会連合(PGI)と、イグナティウス・スハルヨ大司教を会長とするインドネシア・カトリック司教協議会(KWI)によって編成された、インドネシアのエキュメニカルなグループが担当しました。

日本でも、世界に広がる教会と心を合わせてキリスト者の一致を祈るため、カトリック中央協議会と日本キリスト教協議会が共同で翻訳した資料を小冊子『キリスト教一致祈祷週間』として発行されています。

また、2019年キリスト教一致祈祷週間にちなむ行事が、全国各地で行われます。

●「2019年 キリスト教一致祈祷週間」関連行事
https://www.cbcj.catholic.jp/wp-content/uploads/2018/12/icchi2019list_0107.pdf

長い間かかって出来た溝は、なかなかすぐにはうめられないものの、毎年、キリスト教一致祈祷週間で祈ることにより、いつの日か信仰の上でも、組織の上でも、目に見える姿で一致を実現したいとの願いをこめて、心を合わせて祈ってまいりましょう。

あなたにオススメ