星に気がつくという種 主の公現(マタイ2・1〜12)

私たちは、人にプレゼントを贈る時に相手のことを思い、「何がいいだろうか」「どんなものが喜ばれるかな」と考えて準備をします。きょうの典礼は、【主の公現】で、東方の博士たちがイエス様に「黄金」「乳香」「没薬」を捧げる場面が読まれます。博士たちの贈り物は、王位の象徴である「黄金」、祈りの象徴である「乳香」、死の象徴である「没薬」と言われています。博士たちがイエス様の生涯を考えてかどうか定かではありませんが、この3つの贈り物を携えてきたのには、何かの意味があるようです。

きょうのみことばは、東方の博士たちがエルサレムに来るところから始まります。彼らは、まずエルサレムのヘロデ王の所に行き、「お生まれになったユダヤ人の王は、どこにおられますか。わたしたちはその方の星が昇るのを見たので、拝みに来ました。」と伝えます。よくよく考えると、彼らの質問は当時の王に向かって「ユダヤ人の王は、どこにお生まれになったのですか」というものですから、今風で言えば、「よくこのようは質問ができるな。場を読んでいない。少しは考えようよ」と思わせるような声が聞こえてくるものです。

案の定、ヘロデ王を始め、エルサレムの人々もみなうろたえます。エルサレムの人々というのは、当時のエリートですし、王の周りにいた権力者たちです。ですから、新しい王が生まれるということは、彼らのこれからの生活に影響があるわけです。それに加え、ヘロデの心は落ち着きません。ローマの提督はいますし、自分がイスラエルの王の位置にいるのに、自分以外の王が生まれるというのは、地位が揺らぐことになるのです。ヘロデは、祭司長や民の律法学者たちをすべて集めて、「メシアはどこに生まれ流のか」と問いただします。ヘロデは、宗教上のブレインを総動員させて調べさせます。これは、ヘロデがいかに動揺し、うろたえたかを表しているのではないでしょうか。

彼らは、聖書に書かれてある通り「ユダヤのベツレヘムです。預言者が次のように書き記しています。『ユダの地ベツレヘムよ、……わたしの民イスラエルを牧するからである』」とヘロデ王に伝えます。エルサレムの人々は、どこにメシアが生まれてくるかということを知っていました。しかし、それがいつなのかということについてはよくわかっていなかったようです。彼らは、博士たちの来訪によって初めて「メシア」が生まれたことに気づいたのです。

ヘロデ王は、博士たちをひそかに呼び寄せて、星が現れた時期を確かめ彼らをベツレヘムに送り出します。ヘロデの心は、穏やかではありませんでした。そのため博士たちをひそかに呼び寄せ、あまり「メシア」が生まれたことを公にすることを恐れたのではないでしょうか。今も、自分たちに不都合に思われることを隠すことと似ているような気がいたします。

博士たちは、ヘロデから送り出された後、彼らがかつて昇るのを見たあの星が、彼らの先に立って進み、幼子のいる場所まで来て止まるのを見ます。この博士たちは、占星術の学者だったようです。ですから、天体の変化にはいつも注意してみていたのでしょう。そのため、自分たちを導いて来た【星】を再び発見したことを喜びます。私たちは、夜空にあるたくさんの星を見てもどのその変化に気が付きません。それと同じように、普段の生活の中の変化にも気がつかないこともあるのではないでしょうか。目の前にある大切なものに気がつかず、忙しさにかまけ、あるいは娯楽の方に目を向けてしまいがちです。私たちの生活の中には、もしかするとイエス様を知らせる【星】があるかも知れませんね。

博士たちは、星を見て非常に喜びます。それは、そこに「ユダヤの王」がいると分かったからです。私たちは、イエス様に気づいた時の喜びを味わうことがあるのではないでしょうか。「まさかこのようなお恵みがあるなんて」「このような辛い状況を通して光をくださるなんて」というような体験はないでしょうか。そのような、イエス様との出会い、導きを感じる体験は、私たちを非常に喜ばせてくれます。博士たちが喜んだのは、ただ単に星を見て喜んだのではなく、自分たちがいただく多くの恵みを感じたからとも言ってもいいでしょう。

博士たちは、自分たちが携えて来た贈り物をイエス様の前に捧げます。イエス様は、どのような気持ちでこの捧げ物をお受け取りなさったのでしょう。博士たちは、ヨセフ様やマリア様、イエス様とともに喜びを分かち合われ、会話を楽しまれたことでしょう。博士たちは、この喜びを帰り道に余韻を楽しみ、そして、自分たちだけではなく彼らの故郷に帰ってからも人々に伝えたのではないでしょうか。パウロは、「福音がもたらされることによって、異邦人がキリスト・イエスに結ばれ、約束されたものの共同の相続者、……ともに約束にあずかる者となるということです」(エフェソ3・6)と伝えています。

私たちは、イエス様にどのような贈り物を捧げて、その喜びを人々とどのように伝えているでしょうか。「主の公現」の典礼を味わいながら、主のご降誕の喜びを伝えることができたらいいですね。

あなたにオススメ