• お知らせ
  • HOME
  • お知らせ
  • 6月連載開始!『日本と韓国の聖パウロ修道会最初の宣教師たち』

6月連載開始!『日本と韓国の聖パウロ修道会最初の宣教師たち』

「日本と韓国の聖パウロ修道会最初の宣教師たち」を6月より連載開始

聖パウロ修道会は、当会のホームページ(https://sanpaolo.or.jp/)で、ロレンツォ・ベルテロ神父が聖パウロ修道会の歴史を記した貴重な「回想録」を2020年6月より連載いたします。

1934年11月10日、ロレンツォ・ベルテロ神父は創立者からパウロ・マルチェリーノ神父と共に日本で聖パウロ修道会を設立するようにとの命を受けました。ブリンディジの港から「コンテ・ヴェルディ」号で出発した彼は12月9日、神戸に上陸しました。その後、約20年の宣教生活(日本で18年、アメリカで5年、スペインで1年)の中で、ロレンツォ神父は彼の人生最良の時をこの日本で送りました。

この『日本と韓国の聖パウロ修道会最初の宣教師たち』は、マルチェリーノ神父の真実の姿を歴史の中にとどめるものであり、ヤコブ・アルベリオーネ神父の元で彼が「パウロ家族」の揺籃期に果たした極めて重要な役割と、彼がアジアにおいて先鞭をつけた社会的コミュニケーションという使徒職の「旗手」としての姿、そして「預言者」の使命というものをあらためて再認識させるものです。

ベルテロ神父

「永遠の扉に触れることを願う一人の老いたる宣教師が、キリストに『扉を開くこと』に憧れる若者たちにこの思い出をささげる」(ロレンツォ・ベルテロ神父)

今後とも聖パウロ修道会のホームページにご期待ください。

最近のお知らせお知らせ一覧