目的、具体的協力、霊的恩典

聖パウロ協力者会(以下「本会」)は、社会的コミュニケーションの手段(出版、映画、テレビ、ラジオなど)をもちいて福音を宣教する聖パウロ修道会の使命に共鳴し、各自の生活や社会的活動の場に置いて、神の国の建設のために協力する人たちの団体です。

■本会の目的
*聖パウロ修道会の霊性を通して各自の聖化に努める。
*本会会員同志の交わりと親睦を深める。
*聖パウロ修道会の使命に、各自の可能性に応じて協力する。

■日本における本会会員の具体的協力の一例
*司牧、福音宣教を目的とした書籍、定期刊行物、視聴覚等のPR、および普及促進への協力。
*効果的な司牧、福音宣教のための企画やアイデア提供の協力。
*聖パウロ修道会の福音宣教、会員の養成、召命促進のための祈りと献金による協力。

■本会会員の霊的恩典
本会会員は、聖パウロ修道会が聖座(教皇庁)からいただいている霊的恩典にあずかります。
特に次の祝 祭日には全免償が得られます。

*聖ヨセフの祭日(3月19 日)◎
*聖パウロの祭日(6月30 日)◎
*使徒の女王の祝日(主の昇天後の土曜日)◎
*キリストの聖体の祭日(聖霊降臨後の第二主日)
*聖母の被昇天の祭日(8月15 日)
*師イエスの祭日(10 月最後の日曜日)◎
*無原罪の聖マリアの祭日(12 月8日)
◎はパウロ家族の固有の典礼

聖パウロ修道会の司祭は、本会会員(生者、死者を問わず)のために、毎年2400 回のごミサをささげ、会員はその恩典にあずかります。