コメント欄利用規約

■第1条 定義

本規約において使用する用語の定義は、次の通りとします。
1.「本サイト」とは、聖パウロ修道会ウェブサイト(http://sanpaolo.or.jp/ 以下)を指します。
2.「管理者」とは、聖パウロ修道会を指します。
3.「利用者」とは、本サイトの記事を閲覧し、コメントを投稿する個人または組織を指します。

■第2条 本規約の適用

本規約は、利用者が本サイトにコメントを投稿する場合に適用されます。投稿した時点で、本規約の内容に承諾したものとみなされます。

■第3条 禁止行為

利用者は、コメントを投稿するにあたり、以下の内容を含む投稿を行ってはならないものとします。
1. 管理者または第三者の著作権、商標権、プライバシー権、肖像権、氏名権の各権利を侵害するもの
2. 管理者または第三者の名誉・信頼を毀損するか、誹謗中傷するもの
3. 法令、条例等に違反するもの、およびその行為に関する表現
4. 公序良俗に反すると管理者が判断するもの、もしくは第三者が精神的苦痛を被ると管理者が判断する内容を含むもの
5. 広告・営業を目的とし、本サイトに関係のない内容のもの
6. 本サイトの運営を妨げるもの、およびそのおそれのあるもの
7. 内容に虚偽の含まれるもの

■第4条 コメントの不掲載と削除

管理者は、本サイトへのコメントのうち、以下に該当する内容を含むものについて、管理者自身の判断により不掲載または削除できるものとします。不掲載および削除の理由について、管理者は秘匿する権利を有するものとします。
1. 禁止行為に該当するもの
2. 公序良俗に照らし合わせて不適切な内容が含まれるウェブサイトへのリンク
3. 本サイトの内容と関係のないもの
4. 他の利用者への迷惑になるもの

■第5条 管理者の役割

管理者は、投稿されたコメント全てを閲覧する責務は負いません。また、コメントに返信をする責務も負いません。利用者はこれを前提として投稿するものとします。

■第6条 コメント欄の公開と閉鎖

コメント欄を公開するか、およびコメントを受け付けるか、閉鎖するかについては、ページ毎に管理者が随時判断し、決定します。コメント欄の非公開もしくは閉鎖の理由について、管理者は秘匿する権利を有するものとします。

■第7条 記事の削除

管理者は、各記事を状況に応じて削除する権利を有します。削除の理由について、管理者は秘匿する権利を有するものとします。

■第8条 サービスの変更、一時中止、廃止

本サイトのコメント機能は、予告なく変更または廃止される場合があります。

■第9条 コメントの内容および保存

管理者は、本サイトのコメント欄の内容について一切の責任を負わず、データを保存する義務も負いません。利用者は、自身の投稿内容について、全ての責任を負うものとします。データの消失により利用者に損害が発生したとしても、一切の責任を負わないものとします。

■第10条 本規約の変更

管理者は、本サイトの適正な運営のために必要があると判断した場合、利用者に事前の予告なく、本規約を変更できるものとします。変更後の内容は、本サイト上に表示した時点から効力を生じるものとします。

■第11条 準拠法

本規約は、日本国の法令に準拠するものとします。

実施日:2016年7月15日

PAGE TOP
Translate »