聖パウロ修道会について

聖パウロ修道会はイタリアのローマに総本部を置くカトリックの修道会です

同会は、1914年にイタリア人のアルベリオーネ神父によって、「社会的コミュニケーションの手段を用いてキリストのことばをすべての人びとに伝える」ことを使命として創立されました。
会員は司祭と修道士から成り、現在30の国と地域で、書籍、雑誌の発行と普及、またテレビ、ラジオの分野でも活躍しています。
日本における聖パウロ修道会は、1934年、イタリアから来日した2名の会員によって基礎が築かれ、1955年、日本管区になりました。
同会の使徒的働きは、サンパウロの種々の活動が中心です。
宣教企画推進部では、月刊誌「家庭の友」の発行、単行本の企画編集、CD、ビデオの制作を、宣教推進部と宣教教化部では、キリスト教書籍、聖品、聖具を普及しています。
これらサンパウロでの使徒職に携わる会員は 、主に東京・四谷の2つの修道院(若葉修道院と四谷修道院)に属しています。また、養成や統治の分野に従事する会員たちもいます。
聖パウロ修道会は、創立者の精神に生き、その精神に生かされて、このようなさまざまな手段、方法を用いて、この日本に福音を伝えるためにまい進しています。
なお、聖パウロ修道会の他に、「パウロ家族」を構成している修道会、団体として、聖パウロ女子修道会、師イエズス修道女会、よい牧者イエスの修道女 会、使徒の女王修道女会、司祭であるイエス会(併設された会)、大天使聖ガブリエル会(併設された会)、聖マリア・アンヌンチアータ会(併設された会)、 聖家族会(併設された会)、協力者会があります。

概要

法人名 宗教法人カトリック聖パウロ修道会
代表者 鈴木信一
所在地 〒160-0001 東京都新宿区若葉1-5
電話番号 03-3351-5135
FAX番号 03-3351-8606
設立 昭和28年7月27日
目的 救い主イエス・キリストの啓示に基づき、出版・映画・放送等の社会的コミュニケーションメディアによって、一・聖・公・使徒継承をその特徴とするカトリックの教義をひろめ、儀式、行事を行い、信者を教化育成し、国民の救霊に寄与することを目的とする。
沿革 1914年 イタリアのアルバに聖パウロ修道会創立。
1934年 聖パウロ修道会の日本支部創設。
1939年 出版活動を開始。

司祭と修道士

司祭と修道士会員は、修道誓願によって福音的勧告を実践し、兄弟的交わりの中で、共同生活を行っています。
同じ会憲で統轄され、使徒職を通して、「道・真理・いのちである師イエス・キリスト」を使徒の女王マリアのご保護のもとに、使徒聖パウロの精神をもってのべ伝えています。

パウロ会員への道

準志願期

この期間は、あなたと修道会がお互いに知り合う期間です。
修道院の生活がどんな生活なのか、見て、体験して、生活に慣れていきます。

志願期(数年)

ここで、聖パウロ修道会の正式な志願者となります。
神様についてのいろいろな勉強をし、修道会の使徒職を体験しながら過ごします。

修練期(1年間)

聖パウロ修道会の会員となるための直接の準備をします。

初誓願
有期誓願期(3〜9年)

修練期を終了し、「聖パウロ修道会の会員として神様にお仕えしたい」との望みを自由に表明し、それが受け入れられると”初誓願”を宣立します。初誓願を宣立したら ”有期誓願者”となります。

終生誓願

準備の後、自由な意志で、生涯を「聖パウロ修道会の会員」として捧げることを表明し、受け入れられたら、”終生誓願”を宣立します。この終生誓願宣立によって、決定的に「聖パウロ修道会の会員」となります。
※司祭会員は、神学の勉強をへて、終生誓願宣立後、助祭、司祭に叙階されます。

PAGE TOP