福者ティモテオ・ジャッカルド神父

福者ティモテオ・ジャッカルド神父に思いを向けるために、晩年と列福までの経緯を、『マスコミの使徒 福者ジャッカルド神父』池田敏雄著から抜粋してみました。

14666039_655995131228780_7811644076885003256_n

走るべき道を走り尽くす

第二次世界大戦終結後3年目に当たる1948年(昭和23年)1月12日、ティモテオ神父たちによる努力が実って、教皇ピオ十二世は師イエズス修道女会を聖座法による修道会に昇格させた。52歳のティモテオ神父は、この喜ばしいニュースを聞いて大いに満足したが、この日が最期のミサとなった。イタリア支部の視察旅行に加え、毎日の山積した問題処理のため、心身ともに過労気味になり、腰痛も加わり、人手を借りなければ歩くことさえ困難になったからである。最初はリューマチと誤診され、その後、レントゲンを含めた精密検査の結果、末期の白血病と診断されたのである。

同年1月18日、アルベリオーネ神父は、この重病をティモテオ神父に伝え、病者の塗油の秘跡を受けるように勧めた。ティモテオ神父は突然のことで驚いた様子であったが、一瞬祈るかのように目を伏せ、それから目を上げて、アルベリオーネ神父にこう嘆願したのである。「ゆるしの秘跡をいただいて、ご聖体を拝領させていただけませんか。それから誓願を更新させてください……。私は別のことを考えていましたが、しかし、あなたのおっしゃるとおりにいたします。あなたは、私の一生の間、いつも私のためになるように計らってくださったからです」と。

ゆるしの秘跡が終わると、ティモテオ神父はアルベリオーネ神父を抱き締め、接吻してから、見舞いに来ていた人たちに向かって、こう語った。「私は、あなた方全員に借りがあります。というのも、私にとって皆さんは兄弟・姉妹・母であったからです」。

アルベリオーネ神父は、パウロ家族の全員にティモテオ神父の重態を知らせ、今は医学の範囲を越え、奇跡的回復を祈るほかはないと伝えた。このことを知った多くの人から献血の申し出があり、できることならティモテオ神父の身代わりになりたいという人さえいた。それを聞いたティモテオ神父は、「どうぞ奇跡を願ってください。神のみ旨のままになりますように」と、苦しい息づかいの中から答えるのであった。

14563297_655997494561877_3193077354297135989_n

美しい逝去

ティモテオ神父は、病床に伏してから十日間、じっと祈り続けていた。ティモテオ神父がアルベリオーネ神父に伝えたところによれば、「他の人から見れば眠っているような時でも、私は、美しい死の準備をしながら、心で祈り続けています」ということであった。

同年1月22日の朝、アルベリオーネ神父は、ティモテオ神父の病床のそばにしつらえてあった小祭壇でミサをささげ、臨終の最愛の息子にご聖体を授けた。ティモテオ神父は拝領後、しばらく目を閉じて祈っていたが、ミサが終わると、付き添っていたシスター・ルチア・リッチに「『イェズ・コロナ・ヴィルジヌム(童貞者たちの頭、イエスよ)』という賛歌を唱えましょう」と頼んだ。ティモテオ神父は、「イエスを宿した母」というくだりで目を開き、高いところを眺めてから再び目を閉じた。

この日の夕方、ティモテオ神父は心不全に陥り、これで最期かとおもわれたが、しばらくして鼓動が戻った。ローマ修道院の兄弟会員たちは、列を作ってティモテオ神父を見舞い、その手に接吻して、心の中では“天国でまた会いましょう“と挨拶していた。アルベリオーネ神父はティモテオ神父を抱き、涙を浮かべながらこう言うのだった。「お前はいつも、気立ての優しい、がんばり屋の息子だったよ」と。

1月24日、土曜日、ティモテオ神父にとっては、この世での最後の日となった。ティモテオ神父は、いつものように寝室に隣接した書斎でミサにあずかり、ご聖体を拝領し、胸に両手を重ねてまどろんでいた。ミサが終わって寝室に移されたティモテオ神父は、目を覚ましたかのように周りを見回してから、ラテン語を交えた華やかな口調でこう尋ねた。「私はどこにいるのですか? 信者さんたち(coetu fidelium)はどこですか? 皆さん方(conventus animarum)は? 他の人と一緒に聖所内に(in limine sacro )おられないのですか?」と。

ラメラ神父の解釈によれば、ここで使われた用語は、つまり「信者さんたち」も「皆さん方」も天国に入った人たちを意味し、「聖所内に」は天国に入るという意味である。

正午に、近くの聖パウロ大聖堂の鐘が鳴り響くころ、ティモテオ神父は付き添いの人たちと一緒に「お告げの祈り」を唱えた。やがて呼吸困難となり、脈拍も途切れがちになった。臨終のティモテオ神父は、プリモ・マエストロから再び罪のゆるしを受けている間、付き添いの神父の片手を握り締めながら十字架の接吻していた。ところが、急に何かに取りつかれたかのように両目を大きく見開き、そして無表情になり、ついに息絶えた。午後1時20分のことであった。最期を看取った兄弟会員たちは一斉にひざまずき、その冥福を祈るのであった。享年52歳、燃焼し尽くした人生であった。

20161011-fp-giaccardo-slide

いかに愛されていたか

人の価値はその死後にわかるといわれるが、ティモテオ神父の場合は、そのスケールの大きさといい、諸徳の輝きといい、計り知れないものがある。「ティモテオ神父死す」との知らせは、たちまちのうちに、全世界のパウロ家族の人たちはもちろんのこと、教会関係者、親戚、恩人、知人、友人の間に駆け巡った。「聖人が亡くなった」と言う人も多かった。

ティモテオ神父の遺体は祭服を着せられ、それを納める棺とともに聖パウロ会本部修道院の聖堂に安置されたが、その棺の周りには、ティモテオ神父の死を悼むパウロ家族の人たちをはじめ、親戚、恩人、友人たちがひっきりなしに訪れて、その労に感謝し、永遠の安息を祈った。

翌25日の日曜日、ローマ・カトリック系新聞の朝刊にティモテオ神父死亡のニュースが報道され、各方面より弔電が殺到した。聖パウロ大聖堂を管理する聖ベネディクト会の大修道院長も同会を代表して哀悼の意を表し、アルベリオーネ神父の願いを入れて、聖パウロ大聖堂で昔からの友人の葬儀ミサを行うことを同意した。

26日午前9時ごろ、幼稚園児や女学生を含むカラフルな葬列は、聖パウロ会本部から聖パウロ大聖堂へと向かった。ティモテオ神父の遺体を納めた棺は、聖パウロ会会員たちの肩に担がれていた。11時ごろに荘厳な葬儀ミサと告別式が終わり、その際、遺族代表として、アルベリオーネ神父が短い感動的な弔辞を述べた。ティモテオ神父が生前体得した三つの徳、つまり従順・愛徳・信心は皆の模範になったと語ってから、ティモテオ神父の日記の次の箇所を引用した。

「私の生涯には、厳しい内的な戦いの時期がありました。特に、次の三つについて力いっぱい戦ってきました。最初に得たものは従順、第二は愛徳、第三は絶え間ない祈りです。」

アルベリオーネ神父は、とうとう込み上げる悲しみを抑えることができず、涙声で弔辞をこう結んだ。「たいへん信心深い、とても謙虚なジャッカルド神父さん、またお会いいたしましょう! 私たちのためにお祈りしてください!」と。

聖パウロ大聖堂を出た葬列は、聖パウロ会の墓所のあるヴェラーノ墓地へ向かった。ティモテオ神父の遺体を納めた棺は、12時ごろにその墓地に着き、アルベリオーネ神父から祝別された後、その墓地の聖堂内の遺体安置所に納められた。

それから約19年後の1966年5月30日、アルベリオーネ神父のたっての願いで、ティモテオ神父の遺体はパウロ家族の中心となっていた「使徒の女王大聖堂」の地下聖堂の壁内墓所に納められた。ティモテオ神父は、かつて創立者からパウロ家族のローマ支部設立の使命を託され、ベネディクト会士から案内された「聖パウロのぶどう畑」の中心にいて、神のぶどう畑で働くこの世の人びとを見守り、多くの恵みを取り次いでいる。

そしてついに、1989年(昭和64年)10月22日、聖パウロ修道会創立75周年目の年に、ティモテオ神父は、ローマ・聖ペトロ大聖堂にて、教皇ヨハネ・パウロ二世により列福の栄誉を受けた。

14729403_657220271106266_5976280348919152212_n

ティモテオ・ジャッカルド神父の諸徳

ティモテオ神父の列福手続きの際に、彼と生活をともに人たちの証言によって、あるいは何らかの関係で彼と接触した大勢の人びとの証言によって、種々の徳が明らかにされている。本書の中でもその幾分かを紹介してきたが、その内心の全貎は神のみぞ知るところである。ここでは、ティモテオ神父の諸徳のうちで特に目立っているものを列挙してみよう。

1 パウロ家族の創立者に忠実に協力した。この際にも、神の栄光のため、自己の聖化と人びとの聖化のみを求めて生活した。

  1. ティモテオ神父は、自分の修道会の中で神に忠誠を尽くしながら生活することによって、天職をきわめて謙虚に果たしながらも、高い聖徳に到達できることを実証した。
  2. ティモテオ神父は、自分の修道会のために全エネルギーを使い果たした。その際にも、その功績はいつも他の人のものとし、パウロ家族と創立者のために、自己をいけにえにささげるほどまでになった。また、師イエズス修道女会が教会法によって認められるようにと、自己の生命をささげた。
  3. ティモテオ神父は常に創立者の脇役に甘んじ、その精神と指導に従い、これを伝えることに力を尽くした。
  4. ティモテオ神父は、教育者の責務をよくわきまえた、ほんとうの先生であった。時には強く、時には優しく人に接して、教育の方法に関しても明るい方であった。
  5. ティモテオ神父は、日々の生活を聖化することに努めた。小さなことも大きなことも、自分の義務であれば少しもおろそかにせず、超自然的愛を実行し、謙虚な、控え目なキリストに似ることに努めた。
  6. ティモテオ神父は、「私の代わりにキリストが生きている」とか「生きているのはもはや私ではなくて、キリストこそ私の中に生きている」といったパウロ的霊性を自分のよりどころとし、目的ともして、これをわが身に具現した。
  7. ティモテオ神父は、教会と奉献・使徒的生活会省当局に神の意志があるという信仰から、これに忠誠を尽くして、司祭の手本、修道者の模範となった。
  8. ティモテオ神父は、生前獲得したあらゆる徳の基礎は非の打ちどころのない従順であることを、身をもって実証した。
  9. ティモテオ神父は若い時から鋭敏な感性を持っており、教皇庁の文書を通りいっぺんに読むよりも、これについてじっくり考えることに努め、教会と社会から求められていることをいち早く察知した。
  10. ティモテオ神父は仕事だけに打ち込む危険を予知し、仕事と観想とをみごとに調和させて、実り多い生活をした。
  11. ティモテオ神父は申し分のない祈りの人であったが、これに加えて、あらゆる階層の人の霊的指導も十分にこなせたという点で、司祭全員の手本でもある。
  12. ティモテオ神父は、第二ヴァチカン公会議を先取りして、マス・メディアによる宣教活動にとどまらず、典礼、特にご聖体への信心、ゆるしの秘跡、聖母への信心などを、現代に則して幅広く実践していた。

2 ティモテオ神父は、人間としての面でも、霊的な面でも、司祭・修道者の手本になり、その上、だれにでもできる現代向きの生活を立派に聖化したという点で一般信徒の手本である。

  1. ティモテオ神父は、毎日良心の糾明をきちんと実行し、不足を補うよう絶えず努力し、克己に努めていた。口先だけにとどまらず、生涯をかけて他の人に奉仕した。
  2. 信・望・愛や賢明・勇気などの徳、および福音的勧告を英雄的に実践した。
  3. キリストのように謙虚になり、徹底的に従順して、自己をいけにえとしてささげるまでになった。

3 ティモテオ神父の考え方や生き方は、並外れた、目を見張るようなものでなく、だれでも日常生活の中で実行できるという点で、あらゆる階層の人びとの手本になる。言い換えれば、「日常茶飯事を超自然化する」こつを、ティモテオ神父の何気ない話し方やしぐさの中に見いだすことができるのである。

jyakarudo

列福手続きの過程

1955年6月8日 故ティモテオ神父に関する列福手続きがローマ教区裁判で開始され、聖者のほまれ高い生活、徳、故人の履歴、著作物などに関する情報・資料の収集が始められた。これにより、「神のしもべ」となった。
1955年12月9日 教皇代理・ミカラ枢機卿が、故人の著作物審査令状に署名した。
1957年6月19日 ローマ教区裁判所において、情報に関する一般調書がまとめられた。この一般調書のまとめは、1955年6月7日から1956年11月6日まで、アルバ教区裁判所において、28名の証人尋問によって行われた。
1967年10月26日 ローマ教区裁判所での使徒座審査が終わる。この審査は、1965年から1967年10月13日になされるアルバ教区裁判所における45名の証人尋問をも加えて行われた。
1982年4月2日 旧教会法2101条によれば、神のしもべの徳行が英雄的なものかどうかを審議するのは死後50年が必要であったが、ヨハネ・パウロ二世は、新教会法典第17条によって、その期間を免除してくださった。
1985年4月9日 ヨハネ・パウロ二世は「神のしもべ」ティモテオ・ジャッカルドの徳行の英雄性を認定し、その手続きが有効であるとの「決定書」に署名し、これを公表させた。そのため、「尊者」となった。
1989年2月13日 列聖省の特別代表者会議が再開され、師イエズス修道女会の修道女マリア・ルチアーナ・ラッザリーニの突然の完全な病気回復のケースを検討した。投票結果、1人はこの全快を第二級奇跡(当事者の健康回復は真実である)と判定し、他の6人は第三級の奇跡(自然法則では解決できない)と判定した(注、カトリック教会法典第2119条参照)。
1989年3月17日 列聖省の枢機卿委員会は、上記の奇跡が尊者ティモテオ・ジャッカルドの取り次ぎによって得られたものであることを承認した。
1989年5月13日 教皇が奇跡を承認する「決定書」に署名したため、尊者ティモテオ・ジャッカルドの列福への道が開かれた。
1989年10月22日 ローマの聖ペトロ大聖堂にて、教皇ヨハネ・パウロ二世により、ティモテオ・ジャッカルド神父の列福式が挙行された。

14666039_655995131228780_7811644076885003256_n

福者ティモテオ・ジャッカルド神父の年譜

1986年6月13日 アルバ教区ケラスコ村(後のナルツォーレ町)バッタリオーネの農地管理人宅に生まれる。
1930年~1908年 ナルツォーレの小学校で学ぶ。
1908年(春) ナルツォーレにおいて、アルベリオーネ神父と少年ジャッカルドとの出会い。
1908年10月17日 アルベリオーネ神父の世話でアルバ神学校に入学し、ジンナジオ(中学)に入学。
1912年10月 アルバ神学校リチェオ(哲学)に進む。12月8日に着衣。
1915年11月 兵役に召集され、アレッサンドリアの衛生中隊に入隊。 翌年1月7日に健康上の理由で除隊。
1917年7月4日 聖パウロ会に入会。同年10月から、神学3年の課程を続けながら聖パウロ会志願者の監督。
1919年10月19日 アルバで、司祭に叙階される。ナルツォーレで初ミサ。臨終の母にご聖体授与。
1920年6月30日 1917年に宣立した誓願を更新し、誓願名をティモテオとした。
1921年11月12日 ジェノヴァの聖トマス神学大学の卒業試験を満点でパス。
1921年~1926年 アルバ修道院の副院長と会計を兼任し、修道院内外の使徒職にも携わる。
1926年1月 数名の若者とともに、ローマ支部設立のために派遣され、その優れた人徳で教会当局者に好印象を与える。
1936年 アルバ母院の院長に就任。師イエズス修道女会の指導司祭にもなる。
1946年10月 聖座付総代理者となる。
1946年~1947年 師イエズス修道女会の聖座法による修道会昇格のために尽力。
1947年 体調を崩し、白血病と診断される。
1948年1月12日 最後のミサをささげた日に、教皇が師イエズス修道女会の聖座法による修道会への昇格推薦状に署名。
1948年1月18日 病者の塗油の秘跡を受ける。
1948年1月24日 帰天。
1948年1月26日 ローマのヴェラーノ墓地に埋葬される。
1966年5月 その遺体が発掘され、ローマ「使徒の女王大聖堂」の地下聖堂の壁内に埋葬される。
2014年5月 遺体がローマからアルバの聖パウロ大聖堂に移される。

YouTube

最近の記事

  1. 2017年4月23日(日)の午前7時から、ベトナムのホーチミン市内のフランシスコ会の神学院で助祭・司…
  2. 最近では、「復活」という言葉を、キリスト者ではない人もよく使っています。例えば、「スランプから『復活…
  3. 聖アンセルモ司教教会博士の記念日は、彼が帰天した日である4月21日です。アンセルモは、103…

ピックアップ記事

  1. イエスが誕生した時、東方の博士たちは「お生まれになったユダヤ人の王は、どこにおられますか」(マタ2・…
  2. 今日の箇所は憐れみの三つのたとえがあり、最初は「見失った羊」、次に「なくした銀貨」、最後に有名な「放…
  3. カトリック儀式書にのっとった結婚式の式次第を示し、それぞれの次第、式文に神父による説明を加え…

Facebook

PAGE TOP
Translate »