列聖、列福について

神のしもべ、尊者、福者、聖人の段階がありますが、これらはいつごろ、どのようにして決まったのですか?

「聖人」が誕生する(列聖)までに「神のしもべ」、「尊者」、「福者」という段階を踏みますが、これらはみな「聖人」という概念がはっきりした後に、次第に明確となったものです。

「聖人」の認定と崇敬の歴史は長く、2世紀の初代教会の頃からあったと言われています。4世紀から6〜7世紀頃にかけて、殉教者や証聖者に対する崇敬が高まり、それによって地元の司教による聖人の真贋と認定が行われるようになりました。しかし、民間信仰から抜けきれず伝説上の人物がそのまま聖人となることもありました。例えば、聖クリストフォロスや聖女ヴェロニカなどがそうです。

10世紀に最初の列聖(聖人の公式認可)が行われ、12〜13世紀には列聖の権限が教皇に限定されるようになり、17世紀ごろには聖人認定の基準が定められ、現在の確固たる手順が開始されました。また、聖人の前段階である「福者」の段階が作られたのも17世紀においてです。段階を分けて聖性の認定を確実にする意味があったと思われます。18世紀においては列福に向けての調査が始まった人物を、「神のしもべ」と呼ぶようになりました。いつ「尊者」の制定が始められたか定かではありませんが、調査段階で「神のしもべ」、「尊者」と称されます。1965年に閉会した第2ヴァチカン公会議において、それまでの「聖人」の見直しが行われ、伝説的要素の強い聖クリストフォロスや聖女ヴェロニカなどが外されるということがありました。

列聖の対象者は「福者」が多く、その取り次ぎによって2件以上の奇跡が認められると列聖調査が始められます。つまり、その人物の名によって行われた(死後その名によって祈ってかなえられたものも含みます)奇跡の有無を調べます。その後、第1調査として統轄司教のもとで生涯・著作などが調べられ、第2調査として教皇庁の列聖省が調査します。異端的な言動や教会に対する見解などが厳しく吟味されます。決定後、聖人の記念日が定められると、教皇がこれをサン・ピエトロ大聖堂で教会の聖人として公に宣言します。信徒はその新しい「聖人」の名によってミサを捧げることができるようになります。

●回答者=川村信三神父(イエズス会)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2017/6/29

    使徒聖パウロ
    私たち聖パウロ修道会の創立者アルベリオーネ神父は、2003年4月27日に列福されました。このアルベリ…
  2. 2017/6/29

    聖ペトロ
    6月29日は、聖ペトロと聖パウロという教会の礎となった二大聖人を祝う日です。今回は、二人のうち聖ペト…
  3. 今年は、寺島尚彦氏が「さとうきび畑」を作詩作曲してちょうど50年になります。寺島氏との思い出や詩に込…
  4. リヨン(現在のフランス)の司教聖イレネオの記念日は6月28日です。イレネオがいつどこで生まれたかは、…
  5. 2017年6月30日、聖パウロ修道会若葉修道院におきまして終生誓願式が行われます。終生誓願式…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. マザー・テレサは、「愛の反対は、憎しみではなく無関心です。」と言われました。私たちは、人を憎んだり、…
  2. フランシスコ会聖書研究所の成果がこの1冊に凝縮。旧約・新約の全編を網羅。独自の原典批判(テキ…
  3. ラテラン教会、すなわちローマのラテランにあるヨハネ教会はローマ教区の司教座聖堂であり、すべての教会堂…
  4. 2017/5/26

    主の昇天
    主の昇天の祭日は、本来は、使徒言行録の記述にしたがって(1・3−)、復活の主日から40日後に祝われま…
  5. 聖書は神が書かれた書物だと言われますが、これは信仰箇条のように信ずべき事柄なのでしょうか? と言うの…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »