別れの寂しさ 復活節第6主日(ヨハネ14・23~29)

復活節も後半になり、来週は「主の昇天」をお祝いします。イエスが昇天するということは、弟子たちとの別れが近づいたことを意味します。そのためでしょうか、今日のみことばは、別れにちなんだ内容です。

「わたしが言ったことをすべて思い起こさせてくださる」とか「わたしは去っていくが、あなた方の所に戻ってくる」など、イエスと生活を共にしてきた弟子たちにとって、別れの寂しさが伝わってきます。

今年の2月10日、長年、大和学園聖セシリアの理事長や校長をなさっていたセシリア伊東千鶴子先生が亡くなられました。かれこれ17~18年前からお世話になっていた先生だけに、先生の訃報はとても寂しいものでした。伊東千鶴子先生のお母様は、モニカ伊東静江先生。静江先生はこの学園の創立者で、小田急電鉄の創始者であったとしみつ利光つる鶴まつ松氏の娘さんです。

創立者のモニカ伊東静江先生はとても熱心なカトリック信者、セシリア伊東千鶴子先生はどちらかというと柔軟な方、ユーモアにも満ちた方でした。

現在、大和学園聖セシリアには、保育園、幼稚園、小学校、中学・高校、短大などがありますが、種々の行事、例えば、入学式、終業式、クリスマス会、卒業式など、これらの行事にはミサがささげられ、その後、先生の挨拶があります。伊東千鶴子先生はそのたびに「いやー、園児、生徒、学生に話すのはとてもたいへんなんですよ」とおっしゃっていましたが、皆さんにいつも豊かな内容のお話をなさっていました。年代が違う生徒や学生たちのために、ほんとうにうまい話ができるなあと感心していました。伊東千鶴子先生の口々は「聖セシリアの子どもたちはとてもよい子ですよ」と褒めること。どんな子どもでも受け入れようとする先生の姿勢には敬服しました。

89歳という生涯であった伊東千鶴子先生。別れの寂しさが今も残っていますが、先生が人を大事にするという姿勢が、イエスの心とつながって見えてきます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 最近では、「復活」という言葉を、キリスト者ではない人もよく使っています。例えば、「スランプから『復活…
  2. 聖アンセルモ司教教会博士の記念日は、彼が帰天した日である4月21日です。アンセルモは、103…
  3. 復活節第2主日は、2000年以降「神のいつくしみの主日」として定められました。この名称は、聖ファウス…
  4. イエスが復活してから一週間になります。弟子たちの心境はどうだったのでしょうか。「ユダヤ人を恐れて、自…
  5. 「女の頭は男。男が女のために造られたのではなく、女が男のために造られた。」(一コリント11・4、9)…

ピックアップ記事

  1. 教会は、9月29日に、三位の大天使、聖ミカエル、聖ガブリエル、聖ラファエルを祝います。天使がどういう…
  2. フランシスコ会聖書研究所の成果がこの1冊に凝縮。旧約・新約の全編を網羅。独自の原典批判(テキ…
  3. 今回は8月29日に記念される、洗礼者聖ヨハネの殉教(マルコ6・17〜29)を取り上げたいと思います。…
  4. 「コリントの人々への第二の手紙」を読む講師:山内堅治(聖パウロ修道会司祭)全3回 午前10:…
  5. 2017年1月25日、インドの聖パウロ修道会の修道院において、アニール・クマール・パサラ修道士とティ…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »