わたしを愛しているか 復活節第3主日(ヨハネ21・1~19)

日曜日の福音で短い朗読と長い朗読の選択肢があれば、何となく朗読の短い方を選びがちですが、今日は思い切って長い方の朗読をお勧めいたします。

前半部分は「不思議な漁」の話で、イエスのことばに従って網を降ろすと百五十三匹もの魚がかかる不思議な話です。後半部分は「わたしの羊の世話をしなさい」というタイトルがついているように、イエスへの問いかけにペトロが答えていく場面です。今日は後半部分にスポットを当ててみましょう。

イエスはペトロに「ヨハネの子シモン、この人たち以上に、あなたはわたしを愛しているか」と尋ねると、ペトロは「はい、主よ、ご存じのように、わたしはあなたを愛しております」と答えます。日本語で読んでいくと、イエスの問いとペトロの答えの違いに気づきませんが、ギリシア語で読んでいくと、その違いが分かります。ギリシア語で、「愛する」という言葉には「フィレオー」と「アガパオー」の二つがあり、「フィレオー」は「友達のように愛する」、「アガパオー」は「自分を犠牲にしてまでも愛する」「慈愛」のような意味を持っています。

これらの言葉を当てはめていくと、第一番目のイエスが問う「愛しているか」は「アガパオー」、ペトロの「あなたを愛しています」という答えは「フィレオー」。第二番目も同じで、イエスの「愛しているか」は「アガパオー」、ペトロの「あなたを愛しています」は「フィレオー」。第三番目は違ってきます。イエスの「愛しているか」は「アガパオー」ではなく「フィレオー」が使われています。これに対して、ペトロは悲しくなっていきます。三度も尋ねられたことに対してでしょうが、「フィレオー」が使われることによって、ペトロに対して「私をほんとうに何のわだかまりもなく友達のように愛してくれるのか」という問いかけにも響いてきます。このようなイエスの問いに、ペトロにはかつてイエスのことを三度「知らない」と否んだことがよみがえってきたかもしれません。そのことを乗り越えてペトロは「あなたを愛しています」と「フィレオー」で答えていきます。このペトロの答えには、イエスを何のわだかまりもなく愛していく強い姿勢が感じられます。

ペトロのこうした答えの中に、しっかりと成長した強い信仰が感じられます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ヤコブは、このころから科学と哲学と神学とを、道・真理・声明であるイエス・キリストのうちに調和統一しよ…
  2. 昨今、私が常日頃やっていることを「三つ」綴ることにします。一つ目は、朝起きるとベッドの上で「…
  3. マタイによる福音書22章15節~21節それから、ファリサイ派の人々は外に出ると、イエ…
  4. 私が住んでいるタンビン区の共同体から歩いて10分くらいの所に、サイゴン市内でも有名はチー・ホア教会が…
  5. 「冠婚葬祭」は、私たちにとって特別なことではないでしょうか。結婚式は皆なで、新郎新婦を祝い、喜びを分…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 2017年5月18日~28日、「第13回聖書フェスティバル」が行われました。会長は、ヴィチェンツァ教…
  2. 毎年12月にはクリスマスをお祝いいたしますが、 街角の華やかさや輝きとは対照的に、飼い葉桶に眠るキリ…
  3. 2017年9月30日(土)、今日は学校も休みだったので、久しぶりに二つの教会を訪問してみました。…
  4. 2017/5/31

    聖母の訪問
    5月31日は、聖母の訪問の祝日です。これは、神の子イエスを身ごもったマリアが、親戚のエリサベトを訪れ…
  5. 私たちは、残念ですが人の噂や、陰口で会話が盛り上がることがあります。そして、枝葉が付き、事実とかけ離…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »