頭を垂れるという種 年間第22主日(ルカ14・1、7〜14)

夏から秋の田んぼを見ると、たくさんのお米をつけた稲を目にすることができます。その実った稲を見る時、自然の豊かさ、神様からの恵みを感じ、「今年も、たくさんお米ができたね」と感謝の気持が起こって来るのではないでしょうか。ことわざに「実るほど頭を垂れる稲穂かな」という言葉があり、「人格者は、学問や徳が深まるほど謙虚になり、小心者は高慢になる。」という意味として用いられます。

きょうのみことばは、イエス様があるファリサイ派の指導者の家に招かれるところから始まっています。みことばは、「ある安息日のこと、イエスは食事のために、ファリサイ派のある指導者の家に行かれた。人々はイエスの様子を窺(うかが)っていた。」となっています。この指導者というのは、ファリサイ派の中でもトップの人たちの集まりの場ということのようです。そのような所へイエス様が招かれ、しかも、その日が「安息日」だったのです。もう、この時点でどのようなことが起こるのか、先が想像されるような気がいたします。きっと、イエス様とファリサイ派との関係を良く知っていた人たちが「何かが起こるのではないか」と、彼らの様子に興味を持っていたのではないでしょうか。きょうのみことばでは、書かれていませんが、このすぐ後に、水腫(すいしゅ)を患っている人をイエス様が癒される場面が出てきます。イエス様は、「安息日に人を癒すことは許されているのか、いないのか」とファリサイ派の人々に尋ねたのでした。

このことが起こった後に、招かれた他のファリサイ派の人がその家に集まって上席を選んでいることに対して、イエス様が「結婚披露宴に招かれた人々」の喩えを話されます。結婚披露宴の場もそうですし、何かの懇親会などの席は、有力者や会社の上司、友人、知人、親族などと、順に席が決められています。たぶん、イエス様の時代も同じような慣習があったのかもしれませんが、席に名札はついていなかったのでしょう。もちろん、この時代の食事は、テーブルに座るということではなく、床に横たわっていたようですので名札などありません。ファリサイ派の人は、自分の地位や力を誇示するために、我先に上席を選んでいたのでしょう。イエス様は、そのような自分の地位に固執して、もっと大切なことに気がつかない彼らに対して、「結婚披露宴」の喩えを話されます。ファリサイ派の人たちにとって【プライド】というものは、「大切にするもの」だったのではないでしょうか。この集まりには、ファリサイ派の指導者がたくさん招かれていましたので、その中には、派閥のようなものもあったことでしょうし、お互いの力関係もあったことでしょう。しかし、イエス様から見るとそのようなことは、どうでもよかったのです。

そこで、イエス様は、「結婚披露宴に招かれた時には、上席に着いてはならない。あなたより身分の高い人が招かれているかもしれない。」と言われます。イエス様は、上席に着くということの裏側にある「傲慢さ」を指摘しておられるのではないでしょうか。イエス様は、「自分は、他の人よりも優れている、力がある、教会や会社に貢献しているなどということをいつも気にしている人」に対して注意をされているようです。イエス様は、彼らに対して「誰でも自ら高ぶる者は下げられ、自らへりくだる者は上げられる」と言われます。

さらに、イエス様は、自分を招いた人にも「友人、兄弟、……近所の金持ちを呼んではならない。……むしろ貧しい人、体の不自由な人、足の不自由な人、目の見えない人たちを招きなさい。」と言われます。イエス様は、主催者側に対して、招待者からの【見返り】を望んではならないと言われているのではないでしょうか。イエス様は、私たちの中にもある「この人をもてなせば、後の仕事がうまくいく」とか「ここで、好印象をもたれたら、自分は上位に立てる」などという算段への傾きを指摘されているのではないでしょうか。イエス様は、逆に、【返礼】をしたくてもできない人を招きなさい、と言われます。

私たちの周りにいる、弱い立場にある人は、何らかの「負い目」を持っているのではないでしょか。イエス様は、彼らのその苦しさをご存知だったので、彼らに対して“いつくしみの愛”で接されます。私たちは、返礼ができない人に対して「愛の手」を「優しさ」「親切」「笑顔」を届けることができたらいいですね。イエス様は、「正しい者たちが復活するとき、あなたは報いを受けることになる」と私たちに約束されました。もちろん、私たちがその「報い」を期待して善行をすることはないでしょう。この【報い】は、おん父からの恵みでありますので、私たちがこれをやったから頂けるものではありません。私たちは、おん父の恵みによって生かされています。私たちは、その恵みに感謝し、謙遜な心を大切にして、周りの人と接することができたらいいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 「サプライズ」という言葉があります。もちろんこれは、「驚かせる」とか「驚き」という意味ですが、思いも…
  2. アルベリオーネ神父はひ弱い体のゆえに徴兵検査では不合格であった。しかし第一次大戦が始まってからは、イ…
  3. 今日の箇所は「主の変容」の場面で、「弟子たちの前でイエスの姿が変わる」ことを思い起こす所です。場所は…
  4. 聖ペトロの使徒座の祝日は、ペトロを礎として建てられた教会の一致を記念する祝日で、2月22日に祝われま…
  5. 2017年の暮れから2018年の年頭にかけて、私たちは大きな出来事を立て続けに体験しました。…

ピックアップ記事

  1. 【子どもたちが投げかけた質問に、教皇さまはどのように答える?】サンパウロ東京店<キリスト教書籍フロ…
  2. 私たちは、禁止されればされるほど、やってみたいという誘惑に駆られるのではないでしょうか。大人は、様々…
  3. 今回は、12使徒の聖フィリポと聖ヤコブについて見ることにします。まず、フィリポについて見てみ…
  4. いつも当会のウェブサイトをご訪問いただき、誠に有難うございます。この度、ウェブサイトを全面的にリ…
  5. 11月30日は聖アンデレ使徒の祝日です。使徒たちの生涯やその教えから学ぶことはたくさんありますが、私…
PAGE TOP
Translate »