【無関心でいられるものはこの世に何一つありません】

【無関心でいられるものはこの世に何一つありません】
わたしたちの後に続く人々、また今成長しつつある子供たちのために、わたしたちは一体どのような世界を残していきたいのでしょうか?

今日はサンパウロ東京店<キリスト教書籍フロアー>から、教皇フランシスコの回勅『ラウダート・シ―ともに暮らす家を大切に』をご紹介いたします。

これまで環境問題に言及されたことはありますが、環境問題に対するカトリック教会としての責任を回勅全体で述べたのはこれが初めてです。

回勅の表題は、アッシジの聖フランシスコの「太陽の賛歌」の中の言葉「ラウダート・シ、ミ・シニョーレ」(「わたしの主よ、あなたは称えられますように」の意)から取られています。

大気、海洋、河川、土壌の汚染、生物多様性の喪失、森林破壊、温暖化、砂漠化、山積された廃棄物……。人間の活動が他者と全被造物とに与える影響に関する、連帯と正義の観点からの考察。しわ寄せを被る開発途上国と将来世代に対し、担うべき責任とは何かを問うています。

■ラウダート・シ―ともに暮らす家を大切に(カトリック中央協議会)
本体:1,400円+税

★サンパウロ東京店 キリスト教書籍フロアー
東京都新宿区四谷1-2 1F・2F
電話:03-3357-8642(書籍)
営業時間:月曜〜土曜10:00〜18:00

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 典礼は年間の最後が近づくということで、少し私たちの歩みを振り返ってみてもいいのかもしれません。…
  2. とまにちわ!ワケあって手に入った、長崎は五島列島のお土産。五島と言えば、世界遺産候補の長…
  3. 東日本大震災後81カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  4. マリア・アンヌンチアータ会は、パウロ家族の中の在俗的奉献生活者の会としては、唯一、日本に存在し、活動…
  5. 「タラント」はギリシアで用いた計算用の単位で、6000ドラクメに相当します。1ドラクメがローマの銀貨…
“神父・修道士になるには”

“Thông

ピックアップ記事

  1. サイゴン市内を歩いていると、バイクを運転しながらケータイ電話をかけている状況を目にしたりします。とて…
  2. 福音朗読箇所 マタイ22:23~33死について考えるのは、生きている人間である。…
  3. 典礼暦の中に置かれた「季節」について簡潔に説明し、季節の中のある主日には固有のテーマが与えられている…
  4. 【たとえ信者でなくとも遊びながら聖書の世界へ♪】本日はサンパウロ東京店<キリスト教書籍フロアー>か…
  5. ラテラン教会、すなわちローマのラテランにあるヨハネ教会はローマ教区の司教座聖堂であり、すべての教会堂…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »