宴会での席 年間第22主日(ルカ14・1,7~14)

司祭になって三十二年になりますが、時が経つのも早いものです。叙階から三十年を超えるとそろそろ古株の域に入るのでしょうか……。以前は結婚式の司式を依頼されることもあったのですが、それは減少し、最近は葬儀や追悼ミサを依頼されることが多くなりました。年齢を重ねてきたからかもしれません。

先日、七年前くらいに亡くなった恩人の追悼があり、昼食に招かれました。毎年この時期に遺族の方々が集まって昼食をとっていますが、故人を偲ぶ時でもあります。中央にその方の遺影が飾られ、主催者によるちょっとした挨拶。昼食が始まり、席に案内されました。十人がかけられるような丸いテーブルで、中央をそんなに気にしなくて済むような設定でしたが、それでも一番最初に席を取っていただきました。「神父さん、どうぞここにおかけください」と。しかも「みんなが見えるような席を」と気を遣ってくださいました。私にしてみれば、久しぶりにお会いするので、どの席でもよいのですが、どうも気になるようで……。いちばん最初に席を指定されると、とても恐縮するものです。

今日のみことばで「結婚披露宴に招かれた時には、上席に着いてはならない。あなたより身分の高い人が招かれているかもしれない。…招かれた時には、むしろ末席に座りなさい」(ルカ14・7~10)とイエスは語ります。食事に招待された時、とても恐縮することが多く、けっこう気を遣うものです。何だかイエスのことばとは逆の行動をとっているようで、恥ずかしい気持ちにかられたりします。その席で、「ベトナムへ派遣されていくことについて何か話してくれませんか」と言われ、何だか恥ずかしいやら……。

宴会での席はいろいろと考えさせられます。自分では思わぬ席が用意されていたりしますが、どんな時でも謙虚な気持ちで対応したいものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 「サプライズ」という言葉があります。もちろんこれは、「驚かせる」とか「驚き」という意味ですが、思いも…
  2. アルベリオーネ神父はひ弱い体のゆえに徴兵検査では不合格であった。しかし第一次大戦が始まってからは、イ…
  3. 今日の箇所は「主の変容」の場面で、「弟子たちの前でイエスの姿が変わる」ことを思い起こす所です。場所は…
  4. 聖ペトロの使徒座の祝日は、ペトロを礎として建てられた教会の一致を記念する祝日で、2月22日に祝われま…
  5. 2017年の暮れから2018年の年頭にかけて、私たちは大きな出来事を立て続けに体験しました。…

ピックアップ記事

  1. 10月18日に、私たちは聖ルカの祝日を祝います。聖ルカの生涯について、私たちが知っていることはあまり…
  2. 【訃報】ステファノ百村等神父(聖パウロ修道会司祭)が2017年9月11日午前2時45分に聖母…
  3. サンパウロ東京店(4階)にてロザリオフェアを開催いたします。輸入イタリア・スペイン製のロザリオ、…
  4. ユダヤ教の過越祭とカトリック典礼の「聖なる過越の三日間」とは、どのような関連があるのでしょうか?…
  5. とまにちわ!人見知りで独りよがりは、床屋が苦手。もちろん美容院も同様(あの空気感も)。…
PAGE TOP
Translate »