聖書外典について――キリスト教知恵袋

「聖書外典」はゴシップ記事のようなものでしょうか。『ヤコブ原福音書』や『トマスによるイエスの幼年物語』を読みましたが、そこに書かれているイエス様は、とてもいたずらっ子でしたが…。

『ヤコブ原福音書』や『トマスによるイエスの幼年物語』は、どちらも「新約聖書外典」と呼ばれる書物で、西暦200年前後に執筆されたと考えられます。著者について正確なことは何も分かっていません。

『ヤコブ原福音書』の主人公はマリア様です。物語はマリア様のご誕生の次第から始まり、神殿へのご奉献、ヨセフ様との生活、イエス様のご出産、そしてヘロデ大王による幼子の虐殺物語で結ばれています。この内容から推測して、著者はマリア様にとても関心を持っていた人だと言えそうです。

『トマスによるイエスの幼年物語』には、イエス様の五歳から十二歳までの物語が収められています。ご指摘のように、ここに登場するイエス様にはあまり好感が持てません。

これらの書物は、いずれもマタイやルカの福音書からヒントを得て書かれています。マタイやルカ福音書はイエス様のご誕生の次第は書きましたが、マリア様のご誕生についてもイエス様の幼年期についても、ほとんど何も記していません。この「空白の部分」に関心を持った後代のキリスト者によって、『ヤコブ原福音書』や『トマスによるイエスの幼年物語』が書かれました。いずれも想像の物語だと言えます。

「外典」を新約聖書と同等に扱わない配慮は大切です。「外典」は信仰の基準となる書物ではありませんし、その価値は全くありません。いずれも悪意を持って書かれた書物ではありませんが、現代のキリスト者にとっては、とるに足りない内容のものがたくさんあります。「外典」と比較してみると、「正典」(新約聖書)がどんなにすばらしい書物であるかがよくわかります。

同時に「外典」は、当時のキリスト者の考え方や関心事を知るための資料としては価値があります。キリスト教が誕生して間もない二世紀、三世紀の人びとが、なぜあのような少年イエスを描き出したのでしょうか。その理由を探ってみることは、わたしたち自身の信仰のあり方を反省するきっかけになるかもしれません。

「新約聖書外典」と呼ばれるものは、上記二書のほかに、『ペトロ福音書』『トマス福音書』『エジプト人福音書』『ペトロ言行録』『パウロ言行録』『ペトロの黙示録』など、20書以上あります。

●回答者=鈴木信一神父(聖パウロ修道会)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 今日(2月24日)は、サイゴン市内から車で4時間(距離にして200kmくらい)くらいのバオロックとい…
  2. 「サプライズ」という言葉があります。もちろんこれは、「驚かせる」とか「驚き」という意味ですが、思いも…
  3. アルベリオーネ神父はひ弱い体のゆえに徴兵検査では不合格であった。しかし第一次大戦が始まってからは、イ…
  4. 今日の箇所は「主の変容」の場面で、「弟子たちの前でイエスの姿が変わる」ことを思い起こす所です。場所は…
  5. 聖ペトロの使徒座の祝日は、ペトロを礎として建てられた教会の一致を記念する祝日で、2月22日に祝われま…

ピックアップ記事

  1. 一九九○年(明治三三年)の十月から、一六歳のアルベリオーネは、アルバ大神学校で哲学の勉強を始めた。同…
  2. 若いアルベリオーネ神父は、司祭になった翌年の一九○八年(明治四一年)から母校のアルバ神学校で一二年間…
  3. 新約聖書の中には4つの福音書があります。その一つ、順番では2番目の福音書の作者とされているのが、今回…
  4. 教会は、ハンガリーの聖エリザベトを11月17日に記念します。エリザベトは、1207年にハンガリー国王…
  5. ある小冊子の後ろに、「主よ、変えられないものを受け入れる心の静けさと、変えられるものを変える勇気と、…
PAGE TOP
Translate »