回心 受難の主日(ルカ23・1~49)

長い受難の朗読ですが、今年は「ルカ福音書」が朗読されます。「ピラトの前に立つ」「ヘロデの尋問」「民衆の要求」「十字架の道」「十字架につけられる」「イエスに対する嘲笑」「犯罪人の回心」「イエスの死」「イエスの埋葬」と流れていきますが、その中でも印象的なのが、「犯罪人の回心」の箇所です。イエスが犯罪人の一人に語ります。「あなたによく言っておく。今日、あなたはわたしとともに楽園にいる」(ルカ23・43)と。

イタリアのフィレンツェにあるサンマルコ美術館にはフラ・アンジェリコの絵(フレスコ画)が数多く展示されています。ドミニコ会の修道院の敷地内で、一階から二階へ上がった所には、有名な「受胎告知」の絵が展示され、二階に上がると、庭を囲むような回廊があり、各修道士たちの部屋の壁には、フラ・アンジェリコの絵が描かれています。イエスの誕生から死と復活にいたるまで、素朴なタッチです。部屋の一つにはイエスとともに二人の盗賊の絵が描かれています。イエスを中心にして、回心した盗賊はイエスの右手側に、イエスをなじる盗賊はイエスの左手側に描かれています。十字架のもとには、聖母マリア、聖ヨハネと共に、大きく手を広げている聖ドミニコ、書物(聖書)を手にしてひざまずく聖トマス・アクィナスが描かれていて、とてもすばらしい作品です。

特に二人の盗賊の顔が印象的です。左手に描かれている盗賊は、とても暗い顔つきで、失望した表情。一方、右手の盗賊はイエスを仰ぎ見て、イエスもこの盗賊に目を向けています。二人の間には、「今日、あなたはわたしとともに楽園にいる」とラテン語で記され、しかもそのラテン語が反対文字になり、イエスが語っている側が中心になるように描かれています。また同じ修道院内の参事会員室にも「十字架像」が描かれ、二人の盗賊とともに、十字架のもとにはドミニコ会の聖人たちとともに、聖ベネディクト、アシジの聖フランシスコなども描かれています。二人の盗賊において、左手側の盗賊は失望した表情ですが、右手側の盗賊はイエスの方向を向き、希望に満ちた顔です。

私たちもまた、イエスの御顔を仰ぎ、救いへと招かれたいものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2017/7/21

    万人司祭職
    「初代教会の信徒たちは全員が祭司だと考えていた」という指摘がありましたが、その根拠が知りたいです。…
  2. 東日本大震災後77カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  3. 麦と毒麦、稲と稗。どちらも苗が小さい時には区別がつけにくいものですが、大きく成長してくるにつれて見分…
  4. 2017/7/19

    2. 生い立ち
    ヤコブ・アルベリオーネは、一八八四年(明治一七年)四月四日北イタリアはピエモンテ州クオネ県フォッナー…
  5. 私のパウロ会との出会いは1954年のことです。聖パウロ女子修道会の二人のシスター(シスター・ローザさ…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. イエスは、「行きなさい。今、わたしがあなた方を遣わすのは、小羊を狼の中に送り込むようなものである」(…
  2. 「目には目を、歯には歯を」といいう言葉を、出21・24、申19・21、レビ24・20などに見出すこと…
  3. 半農半漁を営む小さな町に生まれ、兄が4人、姉が1人の6人兄弟姉妹の末っ子。両親ともカトリック信者で、…
  4. サンパウロ東京店(4階)にてロザリオフェアを開催いたします。輸入イタリア・スペイン製のロザリオ、…
  5. 今回は、9月8日に祝われる聖マリアの誕生の祝日について考えたいと思います。人間の誕生、それは…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »