回心 受難の主日(ルカ23・1~49)

長い受難の朗読ですが、今年は「ルカ福音書」が朗読されます。「ピラトの前に立つ」「ヘロデの尋問」「民衆の要求」「十字架の道」「十字架につけられる」「イエスに対する嘲笑」「犯罪人の回心」「イエスの死」「イエスの埋葬」と流れていきますが、その中でも印象的なのが、「犯罪人の回心」の箇所です。イエスが犯罪人の一人に語ります。「あなたによく言っておく。今日、あなたはわたしとともに楽園にいる」(ルカ23・43)と。

イタリアのフィレンツェにあるサンマルコ美術館にはフラ・アンジェリコの絵(フレスコ画)が数多く展示されています。ドミニコ会の修道院の敷地内で、一階から二階へ上がった所には、有名な「受胎告知」の絵が展示され、二階に上がると、庭を囲むような回廊があり、各修道士たちの部屋の壁には、フラ・アンジェリコの絵が描かれています。イエスの誕生から死と復活にいたるまで、素朴なタッチです。部屋の一つにはイエスとともに二人の盗賊の絵が描かれています。イエスを中心にして、回心した盗賊はイエスの右手側に、イエスをなじる盗賊はイエスの左手側に描かれています。十字架のもとには、聖母マリア、聖ヨハネと共に、大きく手を広げている聖ドミニコ、書物(聖書)を手にしてひざまずく聖トマス・アクィナスが描かれていて、とてもすばらしい作品です。

特に二人の盗賊の顔が印象的です。左手に描かれている盗賊は、とても暗い顔つきで、失望した表情。一方、右手の盗賊はイエスを仰ぎ見て、イエスもこの盗賊に目を向けています。二人の間には、「今日、あなたはわたしとともに楽園にいる」とラテン語で記され、しかもそのラテン語が反対文字になり、イエスが語っている側が中心になるように描かれています。また同じ修道院内の参事会員室にも「十字架像」が描かれ、二人の盗賊とともに、十字架のもとにはドミニコ会の聖人たちとともに、聖ベネディクト、アシジの聖フランシスコなども描かれています。二人の盗賊において、左手側の盗賊は失望した表情ですが、右手側の盗賊はイエスの方向を向き、希望に満ちた顔です。

私たちもまた、イエスの御顔を仰ぎ、救いへと招かれたいものです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 私たちにとって身近な人の死は、とても悲しく辛いものです。しかし、たとえ肉体的には、見ることも、肌に触…
  2. 2017/5/26

    主の昇天
    主の昇天の祭日は、本来は、使徒言行録の記述にしたがって(1・3−)、復活の主日から40日後に祝われま…
  3. 教会は、5月26日に聖フィリポ・ネリを記念します。この聖人は、1515年にイタリアのフィレンツェで生…
  4. 主の昇天の具体的な状況については、今日の第一朗読の中(使徒1・6~11)に出てきます。福音の箇所では…
  5. 聖パウロ修道会 日本管区長 鈴木信一神父より、皆さまへの聖母月のメッセージをお届けします。ぜひご覧く…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 聖ベネディクトは、修道生活の会則を記し、西方キリスト教世界における修道生活に決定的な影響を与えたこと…
  2. 2017年3月19日、聖パウロ修道会史上初めての、ベトナム人の誓願者が誕生します。3月19日…
  3. 江戸時代に国外追放されたキリシタン大名・高山右近(1552〜1615年)をキリスト教カトリックの「福…
  4. 6月はみ心に捧げられています。サンパウロ東京店(4階)にてみこころフェアを開催いたします。関…
  5. いつも当会のウェブサイトをご訪問いただき、誠に有難うございます。この度、ウェブサイトを全面的にリ…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »