回心 受難の主日(ルカ23・1~49)

長い受難の朗読ですが、今年は「ルカ福音書」が朗読されます。「ピラトの前に立つ」「ヘロデの尋問」「民衆の要求」「十字架の道」「十字架につけられる」「イエスに対する嘲笑」「犯罪人の回心」「イエスの死」「イエスの埋葬」と流れていきますが、その中でも印象的なのが、「犯罪人の回心」の箇所です。イエスが犯罪人の一人に語ります。「あなたによく言っておく。今日、あなたはわたしとともに楽園にいる」(ルカ23・43)と。

イタリアのフィレンツェにあるサンマルコ美術館にはフラ・アンジェリコの絵(フレスコ画)が数多く展示されています。ドミニコ会の修道院の敷地内で、一階から二階へ上がった所には、有名な「受胎告知」の絵が展示され、二階に上がると、庭を囲むような回廊があり、各修道士たちの部屋の壁には、フラ・アンジェリコの絵が描かれています。イエスの誕生から死と復活にいたるまで、素朴なタッチです。部屋の一つにはイエスとともに二人の盗賊の絵が描かれています。イエスを中心にして、回心した盗賊はイエスの右手側に、イエスをなじる盗賊はイエスの左手側に描かれています。十字架のもとには、聖母マリア、聖ヨハネと共に、大きく手を広げている聖ドミニコ、書物(聖書)を手にしてひざまずく聖トマス・アクィナスが描かれていて、とてもすばらしい作品です。

特に二人の盗賊の顔が印象的です。左手に描かれている盗賊は、とても暗い顔つきで、失望した表情。一方、右手の盗賊はイエスを仰ぎ見て、イエスもこの盗賊に目を向けています。二人の間には、「今日、あなたはわたしとともに楽園にいる」とラテン語で記され、しかもそのラテン語が反対文字になり、イエスが語っている側が中心になるように描かれています。また同じ修道院内の参事会員室にも「十字架像」が描かれ、二人の盗賊とともに、十字架のもとにはドミニコ会の聖人たちとともに、聖ベネディクト、アシジの聖フランシスコなども描かれています。二人の盗賊において、左手側の盗賊は失望した表情ですが、右手側の盗賊はイエスの方向を向き、希望に満ちた顔です。

私たちもまた、イエスの御顔を仰ぎ、救いへと招かれたいものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. クリスマスを前に、今年もキリスト教出版社、絵本出版社、グッズメーカーが一同に会し、展示、即売会を行う…
  2. この箇所ではイエスが私たちに不正を勧めているように感じます。イエスは私たちに何を語りたいのでしょうか…
  3. 同病相あわれむというか、ヤコブは病身の同級生アゴスチノ・ボレロ(Agostino Borello)と…
  4. 高山右近 模範となる指導者の姿キリシタン大名として、また茶人として神を愛し、人を愛し続けて信仰を…
  5. マタイによる福音書(20・1−16)「天の国は次のことに似ている。ある家の主人がぶどう園…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 復活節第2主日は、2000年以降「神のいつくしみの主日」として定められました。この名称は、聖ファウス…
  2. 聖マリア・アンヌンチアータ会から、祈りのひとときへお誘いいたします。真の幸いを証しするイエスに、…
  3. 聖パウロ修道会にとって修道士の鑑でもあるアンドレア・ボレッロ修道士に関する本が出版されました。青いカ…
  4. 私たちにとって身近な人の死は、とても悲しく辛いものです。しかし、たとえ肉体的には、見ることも、肌に触…
  5. 2月18日(土)、ベトナム語学校もお休みでしたので、久しぶりにのんびりとブラザー牧山とともに、メコン…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »