狭い門 年間第21主日(ルカ13・22~30)

今日のみことばで「狭い門から入るように努めなさい」(ルカ13・24)とイエスは語ります。狭い門が救いへと導かれていくものです。天国への道のために、狭い門を通るということになるでしょうか。

六月下旬にベトナムのホーチミン共同体を訪問しました。二十四日に出発し、二十八日の朝には戻ってくるという四日間の日程でした。初日、ホーチミン空港に山口神父さん、サレジオ会のロック神父さん、シンさん、トゥアンさんが迎えに来てくれました。七月二十日から本格的に異動することもあり、大きな荷物を二つ持っていったのはよかったのですが、小さな車であったため、車内は大きな荷物もあってすし詰め状態。何とか共同体に到着しました。二日目は恩人の叔父さんになる主任司祭や恩人を訪問しました。午後からは六十キロ近く離れたサレジオ会の修道院と教会を訪問しました。教会の近辺に住む方々の約九割がカトリック信者とのことです。朝三時半には教会の鐘が鳴り、四時には祈りの声が聞こえました。ほんとうに朝が早いなあと感心しました。日曜日には、午前六時からの子どもたちのミサをお手伝いしましたが、ロック神父さんが同席し、「せっかくなら説教の中で何か話をしてくれ」ということで、パウロ会の話や創立者のことについて話をしました。へたなイタリア語で話したことをロック神父さんがベトナム語に訳してくれ、とても感謝しました。おそらく私の話を上手に翻訳してくれたんだなあと思います。

四日目の月曜日は、一人の青年と話をしました。三十一歳になりますが、日本で生活したこともあり、日本語で話し合いができました。将来は司祭になりたいとのことですが、日本で司祭になるには日本語検定のN1に合格しなければならず、それが大きな負担だと言っていました。それは彼にとって、とても狭い門のようです。

私たちにもいろいろな高いハードルがあります。それをどんなふうに受け止めていくか、その道筋を今日のみことばは教えてくれます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ヤコブは、このころから科学と哲学と神学とを、道・真理・声明であるイエス・キリストのうちに調和統一しよ…
  2. 昨今、私が常日頃やっていることを「三つ」綴ることにします。一つ目は、朝起きるとベッドの上で「…
  3. マタイによる福音書22章15節~21節それから、ファリサイ派の人々は外に出ると、イエ…
  4. 私が住んでいるタンビン区の共同体から歩いて10分くらいの所に、サイゴン市内でも有名はチー・ホア教会が…
  5. 「冠婚葬祭」は、私たちにとって特別なことではないでしょうか。結婚式は皆なで、新郎新婦を祝い、喜びを分…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 今の社会は、「ストレス社会」と言ってもいいでしょう。最近「キラーストレス」という言葉が出て来て、過度…
  2. 典礼暦上、二月十一日はルルドの聖母の記念日です。教皇ヨハネ・パウロ二世は数年前、この日を「世界病者の…
  3. マーティン・スコセッシ監督が遠藤周作の原作を完全映画化した『沈黙-サイレンス-』。戦後日本文学の…
  4. 「天の国は次のように喩えられる。ある王が王子のために結婚の披露宴を催した」(マタ22・2)という言葉…
  5. 明日、10月19日は福者ティモテオ・ジャッカルド神父の記念日です♪福者ティモテオ・ジャッカルド神…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »