「姦通の女」か「不倫の女」か 四旬節第5主日(ヨハネ8・1~11)

今日の箇所について、新共同訳のタイトルは「わたしもあなたを罪に定めない」、フランシスコ会訳のタイトルは「姦通の女」となっていて、タイトルの付け方がそれぞれ異なっています。新共同訳は、イエスが女性を許す感じのタイトルですが、フランシスコ会訳は、罪そのものについて問うようなタイトルで、視点の違いがあります。

20年、30年前のテレビドラマで「浮気」をテーマにした番組がよく放映されていましたが、いつの頃からかそれは「不倫」という言葉に変わってきた感じがします。

今日のみことばの最初の部分において、「律法学者とファリサイ派の人々が、姦通の現場で捕らえられた女を連れてきて」(ヨハネ8・3)とあり、この女性はまさに現行犯です。「姦通」ということになれば、相手の男性には妻があるということで、この姦通をしていた女性は不倫をしていたことになります。律法の側面から考えるなら、「姦通罪」ということで石殺しの刑であるし、夫婦関係で考えればまさに「不倫」。男性側の妻にとって、不倫をしていた女性を決して許せるようなことではありません。何年間、家庭生活を営んできたか分かりませんが、妻にとっては腹立たしいことになります。聖書には記されていませんが、妻もまた律法学者やファリサイ派とともに、石を持って投げる準備していたのではないでしょうか。そんな矢先、イエスは「あなた方のうち罪を犯したことのない人が、まずこの女に石を投げなさい」(ヨハ8・7)と語ります。さすがに妻や律法学者・ファリサイ派の人々も石を投げることができなかったのでしょう。
イタリアのバルツェレッタ(笑い話/小話)ですが、イエスが「この女に石を投げなさい」と言ったら、一個の石が飛んできたそうです。「投げたのはだれだ」と思いつつ後ろを振り向くと、マリア様だったそうです。マリア様は無原罪なので、「罪を犯したことのない人」なので…。これはバルツェレッタなので、まともに信じてはなりませんが…。

この箇所の結びとして、「わたしもあなたを罪に定めない。行きなさい。そしてこれからは、もう罪を犯してはならない」(ヨハ8・11)と。イエスは私たちに回心を勧めます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ヤコブは、このころから科学と哲学と神学とを、道・真理・声明であるイエス・キリストのうちに調和統一しよ…
  2. 昨今、私が常日頃やっていることを「三つ」綴ることにします。一つ目は、朝起きるとベッドの上で「…
  3. マタイによる福音書22章15節~21節それから、ファリサイ派の人々は外に出ると、イエ…
  4. 私が住んでいるタンビン区の共同体から歩いて10分くらいの所に、サイゴン市内でも有名はチー・ホア教会が…
  5. 「冠婚葬祭」は、私たちにとって特別なことではないでしょうか。結婚式は皆なで、新郎新婦を祝い、喜びを分…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 今回は、現代の聖人の一人、聖ピオ(ピエトレルチーナ)について記すことにします。「パードレ・ピオ」(イ…
  2. 2017年4月23日(日)、ローマ市内の聖パウロ修道会イタリア管区本部にて、パウロ家族のイタリア管区…
  3. 今日の箇所は理解するのがとても難しい所です。すなわち、「あなた方は、わたしが地上に平和をもたらすため…
  4. 【ベストセラーランキング】サンパウロ全店舗の売れ筋ランキングをご紹介します☆ご購入のご参考にどう…
  5. いつも当会のウェブサイトをご訪問いただき、誠に有難うございます。この度、Facebookの投稿記…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »