「姦通の女」か「不倫の女」か 四旬節第5主日(ヨハネ8・1~11)

今日の箇所について、新共同訳のタイトルは「わたしもあなたを罪に定めない」、フランシスコ会訳のタイトルは「姦通の女」となっていて、タイトルの付け方がそれぞれ異なっています。新共同訳は、イエスが女性を許す感じのタイトルですが、フランシスコ会訳は、罪そのものについて問うようなタイトルで、視点の違いがあります。

20年、30年前のテレビドラマで「浮気」をテーマにした番組がよく放映されていましたが、いつの頃からかそれは「不倫」という言葉に変わってきた感じがします。

今日のみことばの最初の部分において、「律法学者とファリサイ派の人々が、姦通の現場で捕らえられた女を連れてきて」(ヨハネ8・3)とあり、この女性はまさに現行犯です。「姦通」ということになれば、相手の男性には妻があるということで、この姦通をしていた女性は不倫をしていたことになります。律法の側面から考えるなら、「姦通罪」ということで石殺しの刑であるし、夫婦関係で考えればまさに「不倫」。男性側の妻にとって、不倫をしていた女性を決して許せるようなことではありません。何年間、家庭生活を営んできたか分かりませんが、妻にとっては腹立たしいことになります。聖書には記されていませんが、妻もまた律法学者やファリサイ派とともに、石を持って投げる準備していたのではないでしょうか。そんな矢先、イエスは「あなた方のうち罪を犯したことのない人が、まずこの女に石を投げなさい」(ヨハ8・7)と語ります。さすがに妻や律法学者・ファリサイ派の人々も石を投げることができなかったのでしょう。
イタリアのバルツェレッタ(笑い話/小話)ですが、イエスが「この女に石を投げなさい」と言ったら、一個の石が飛んできたそうです。「投げたのはだれだ」と思いつつ後ろを振り向くと、マリア様だったそうです。マリア様は無原罪なので、「罪を犯したことのない人」なので…。これはバルツェレッタなので、まともに信じてはなりませんが…。

この箇所の結びとして、「わたしもあなたを罪に定めない。行きなさい。そしてこれからは、もう罪を犯してはならない」(ヨハ8・11)と。イエスは私たちに回心を勧めます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2017/6/29

    使徒聖パウロ
    私たち聖パウロ修道会の創立者アルベリオーネ神父は、2003年4月27日に列福されました。このアルベリ…
  2. 2017/6/29

    聖ペトロ
    6月29日は、聖ペトロと聖パウロという教会の礎となった二大聖人を祝う日です。今回は、二人のうち聖ペト…
  3. 今年は、寺島尚彦氏が「さとうきび畑」を作詩作曲してちょうど50年になります。寺島氏との思い出や詩に込…
  4. リヨン(現在のフランス)の司教聖イレネオの記念日は6月28日です。イレネオがいつどこで生まれたかは、…
  5. 2017年6月30日、聖パウロ修道会若葉修道院におきまして終生誓願式が行われます。終生誓願式…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 「体で覚える」という言葉がありますが、私たちは、初めてのことに関して、いくら説明されたり、本を読んで…
  2. 「目には目を、歯には歯を」といいう言葉を、出21・24、申19・21、レビ24・20などに見出すこと…
  3. 典礼暦の中には、通常の期間(年間主日・週日)のほかに、特別な季節が置かれています。年間主日・週日が、…
  4. 突然ですが、私たちは自分に与えられた仕事に対して、頼まれたことに対して【感謝】しているでしょうか。も…
  5. 教会は、ベトナムの殉教者、聖アンデレ・ジュン・ラク司祭と116名の殉教者を11月24日に記念します。…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »