【懐かし写真館】

【懐かし写真館】
聖パウロ修道会の懐かしい姿を写真でご紹介しています。
今日は、日本に聖パウロ修道会の基礎を築くため、2人のイタリア人司祭が1934年に来日した頃の写真です。
未知の国の人びとに対する期待と不安の中、神戸港、そして東京へ・・・。

1934年11月10日、日本に聖パウロ修道会の基礎を築くべく、2人のイタリア人司祭がブリンディジを出港した。32歳のパウロ・マルチェリーノ神父と28歳のロレンツォ・ベルテロ神父であった。
約1か月の旅の後、神戸港に到着し、1934年12月9日の上陸、日本の首都東京に向かい、12月10日に東京に到着した。日本に知人すらいなかった2人は、シャンハイのサレジオ会員が紹介してくれた同会のピアチェンツァ神父を頼った。
東京に着いてまず着手しなければならなかったのは教区内に留まる許可であった。しかし、シャンボン大司教(東京教区)には2人の来日については、何も知らされておらず、当然のことながら許可は得られなかった。
日本に修道院を設立せよとの総長の命令と教区長との間の板挟みとなったマルチェリーノ神父たちは解決の糸口が見つかるまで、しばらく静観して大森区(現在の大田区)に家を借りて住み、日本語の習得に努めた。教師には、イタリア語より日本語への翻訳に奉仕してくださった五十嵐仁氏であった。
(『来日二十五年』より)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2017/6/23

    聖母のみ心
    聖母のみ心の記念日は、1944年、第二次世界大戦が終わりへと向かう中、教皇ピオ12世が制定しました。…
  2. 6月24日は洗礼者聖ヨハネの誕生の祭日です。洗礼者ヨハネについては、8月29日にその殉教(すなわち天…
  3. 子どもの時の印象が強いためか、「二羽の雀」と聞くと、ついつい「庭の雀」を思い出してしまいます。しかも…
  4. 2017/6/22

    イエスのみ心
    イエスのみ心の祭日は、聖霊降臨の主日の翌々週の金曜日に祝われます。この日の集会祈願で、私たち…
  5. 6月21日に祝われる聖人、アロイジオ・ゴンザガは、1568年に、ゴンザガ家の一つであるカスティリオー…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 今日は2017年5月13日。ファティマで聖母がご出現になってからちょうど百年になります。…
  2. 聖パウロのシンボルの一つが書物だそうですが、当時の書物はどのようなものだったのでしょうか。パウロが左…
  3. 「三位一体」という表現も最近では耳慣れするようになりましたが、この表現はいつから使われるようになった…
  4. クリスマスを前に、今年もキリスト教出版社、絵本出版社、グッズメーカー約40社が一同に会し、展示、即売…
  5. そろそろクリスマスカードを用意しようかな、と思っている方も多いのではないでしょうか。インターネッ…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »