【懐かし写真館】

【懐かし写真館】
聖パウロ修道会の懐かしい姿を写真でご紹介しています。
今日は、日本に聖パウロ修道会の基礎を築くため、2人のイタリア人司祭が1934年に来日した頃の写真です。
未知の国の人びとに対する期待と不安の中、神戸港、そして東京へ・・・。

1934年11月10日、日本に聖パウロ修道会の基礎を築くべく、2人のイタリア人司祭がブリンディジを出港した。32歳のパウロ・マルチェリーノ神父と28歳のロレンツォ・ベルテロ神父であった。
約1か月の旅の後、神戸港に到着し、1934年12月9日の上陸、日本の首都東京に向かい、12月10日に東京に到着した。日本に知人すらいなかった2人は、シャンハイのサレジオ会員が紹介してくれた同会のピアチェンツァ神父を頼った。
東京に着いてまず着手しなければならなかったのは教区内に留まる許可であった。しかし、シャンボン大司教(東京教区)には2人の来日については、何も知らされておらず、当然のことながら許可は得られなかった。
日本に修道院を設立せよとの総長の命令と教区長との間の板挟みとなったマルチェリーノ神父たちは解決の糸口が見つかるまで、しばらく静観して大森区(現在の大田区)に家を借りて住み、日本語の習得に努めた。教師には、イタリア語より日本語への翻訳に奉仕してくださった五十嵐仁氏であった。
(『来日二十五年』より)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ちょうど今の時期は夜明けが遅く、日没が早くなり、光のありがたさを特に感じる時期です。冬至も間近で、寒…
  2. ペトロアンデレの兄弟で、使徒たちのリーダーでした。ヨハネ福音書によると洗礼者ヨハネの弟子で、共観…
  3. アルベリオーネ神父は、神学校内での教育だけでなく、教会へ出かけて行って直接信者たちに接し、講演し、秘…
  4. 教会はイエス・キリストによって始められ、ペトロを中心とした弟子たちに引き継がれ発展していきました。…
  5. 新年の黙想会2018年1月27日(土) 9:30~16:00頃テーマ:「聖パウロの回心」…
“神父・修道士になるには”

“Thông

ピックアップ記事

  1. 聖ヨハネ・ボスコ司祭の記念日は1月31日です。ヨハネ・ボスコは、1815年8月に北イタリアのカステル…
  2. フィレモンへの手紙』に登場する逃亡奴隷オネシモは、後にエフェソの教会の司教様になったというのは本当で…
  3. 聖ベネディクトは、修道生活の会則を記し、西方キリスト教世界における修道生活に決定的な影響を与えたこと…
  4. 教会は、9月13日に聖ヨハネ・クリゾストモ司教教会博士を記念します。この聖人は、350年頃にアンティ…
  5. 【日本初!ヴァチカン美術館公認の大型図録集&映像セット】歴史的芸術家たちの作品を、自宅で体験するこ…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »