【懐かし写真館】

【懐かし写真館】
聖パウロ修道会の懐かしい姿を写真でご紹介しています。
今日は、日本に聖パウロ修道会の基礎を築くため、2人のイタリア人司祭が1934年に来日した頃の写真です。
未知の国の人びとに対する期待と不安の中、神戸港、そして東京へ・・・。

1934年11月10日、日本に聖パウロ修道会の基礎を築くべく、2人のイタリア人司祭がブリンディジを出港した。32歳のパウロ・マルチェリーノ神父と28歳のロレンツォ・ベルテロ神父であった。
約1か月の旅の後、神戸港に到着し、1934年12月9日の上陸、日本の首都東京に向かい、12月10日に東京に到着した。日本に知人すらいなかった2人は、シャンハイのサレジオ会員が紹介してくれた同会のピアチェンツァ神父を頼った。
東京に着いてまず着手しなければならなかったのは教区内に留まる許可であった。しかし、シャンボン大司教(東京教区)には2人の来日については、何も知らされておらず、当然のことながら許可は得られなかった。
日本に修道院を設立せよとの総長の命令と教区長との間の板挟みとなったマルチェリーノ神父たちは解決の糸口が見つかるまで、しばらく静観して大森区(現在の大田区)に家を借りて住み、日本語の習得に努めた。教師には、イタリア語より日本語への翻訳に奉仕してくださった五十嵐仁氏であった。
(『来日二十五年』より)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 聖パウロ修道会 日本管区長 鈴木信一神父より、皆さまへの聖母月のメッセージをお届けします。ぜひご覧く…
  2. パウロは「女性司祭」について賛成ですか、反対ですか?大変ユニークで興味深いご質問ですが、難問です…
  3. 6月はみ心に捧げられています。サンパウロ東京店(4階)にてみこころフェアを開催いたします。関…
  4. 東日本大震災後75カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  5. 昨年の7月末からベトナムのホーチミン市にやってきて、ベトナム語の勉強を始めました。そろそろ10か月に…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 待降節は主の到来を待つ期間です。主イエスの到来が間近に迫っているので、その喜びに満たされながら待ち望…
  2. インドのムンバイで2017年2月14日(火)~17日(金)まで開催される、CTIA(総本部直属組織/…
  3. 3月17日に、私たちは日本の教会の歴史にとって記念すべき日を祝います。それが「日本の信徒発見の聖母」…
  4. 結婚式が今のような形で行われるようになったのはいつごろからですか。またエンゲージリング(結婚指輪)を…
  5. 2016/12/1

    待降節
    今年も一年が終わろうとしています。しかし、「典礼暦」の上では、すでに新しい一年が始まっています。典礼…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »