【懐かし写真館】

【懐かし写真館】
聖パウロ修道会の懐かしい姿を写真でご紹介しています。
今日は、日本に聖パウロ修道会の基礎を築くため、2人のイタリア人司祭が1934年に来日した頃の写真です。
未知の国の人びとに対する期待と不安の中、神戸港、そして東京へ・・・。

1934年11月10日、日本に聖パウロ修道会の基礎を築くべく、2人のイタリア人司祭がブリンディジを出港した。32歳のパウロ・マルチェリーノ神父と28歳のロレンツォ・ベルテロ神父であった。
約1か月の旅の後、神戸港に到着し、1934年12月9日の上陸、日本の首都東京に向かい、12月10日に東京に到着した。日本に知人すらいなかった2人は、シャンハイのサレジオ会員が紹介してくれた同会のピアチェンツァ神父を頼った。
東京に着いてまず着手しなければならなかったのは教区内に留まる許可であった。しかし、シャンボン大司教(東京教区)には2人の来日については、何も知らされておらず、当然のことながら許可は得られなかった。
日本に修道院を設立せよとの総長の命令と教区長との間の板挟みとなったマルチェリーノ神父たちは解決の糸口が見つかるまで、しばらく静観して大森区(現在の大田区)に家を借りて住み、日本語の習得に努めた。教師には、イタリア語より日本語への翻訳に奉仕してくださった五十嵐仁氏であった。
(『来日二十五年』より)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 情報化時代の中にあって、情報技術や手段は日ごとに進歩しています。学校ではパソコンを触るのが当然の時代…
  2. 新約聖書の中には4つの福音書があります。その一つ、順番では2番目の福音書の作者とされているのが、今回…
  3. わたしたちの信仰生活を支える「秘跡」と「ミサ」について語られている本書は、「秘跡」が単なる儀式や形式…
  4. 2017年4月23日(日)の午前7時から、ベトナムのホーチミン市内のフランシスコ会の神学院で助祭・司…
  5. 最近では、「復活」という言葉を、キリスト者ではない人もよく使っています。例えば、「スランプから『復活…

ピックアップ記事

  1. 聖シャーベル・マクルーフ司祭の典礼暦上の記念日は7月24日です。ユセフ(後に修道者として「シャーベル…
  2. 聖ヨハネ・ア・デオの典礼暦上の記念日は、その帰天の日にあたる3月8日です。ヨハネは、1495年にポル…
  3. 2017年3月3日~5日、ローマでパウロ家族の有期誓願者の集いが行われました。この集いで聖書学者…
  4. 2017年2月16日、ブラジルのサンパウロで、コミュニケーションのための新しい雑誌が発行され、そのイ…
  5. 2016/8/27

    聖モニカ
    聖モニカの記念日は8月27日、ちなみに息子の聖アウグスチヌスは翌28日に祝われます。意図的に祝日を連…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »