平和と分裂 年間第20主日(ルカ12・49~53)

今日の箇所は理解するのがとても難しい所です。すなわち、「あなた方は、わたしが地上に平和をもたらすために来たと思うか。そうではない。あなた方に言っておく。むしろ分裂である」(ルカ12・51)という一節です。「一致」や「平和」をもたらすというのなら分かりやすいのですが、逆に「分裂」と語っています。この箇所について理解するために、注解書はどのように記しているのでしょうか。

フランシスコ会訳の注解書には、「イエスの活動とそれに対する人間の評価という面から、イエスの救済の意味を説く。イエスによる救済は、『平和』とも呼ばれ、これは罪からの解放を意味する。しかしこの『平和』は、必ずしもすべての人間に評価され、受容されるわけではなく、それを否定し、拒否する者も存在する。12・51~53は、イエスへの相反する評価がもたらす分裂を述べている」と。一方、新共同訳の注解書では「イエスを介して燃やされる火にせよ、イエスの受難死という洗礼にせよ、それはイエスの前での人の決断を要求する。中立はありえない。イエスを拒否する人には、イエスの火は裁きの火、受け入れる人には清めの火となる。従ってイエスは見せかけの平和ではなく分裂をもたらしに来た。キリストによってもたらさせる分裂は家族の中にまで及ぶ」と。いずれにしても、注解書を読みながら、かえって難しく感じました。

この箇所の具体例を挙げるなら、キリシタン時代のことを考えると分かりやすいかもしれません。キリシタン時代には迫害や殉教があり、信者として生きるのはとても厳しい環境でした。人によっては、お金目当てで役人に信者を密告する者もいました。信仰を持つことはとても素晴らしいことですが、それを利用して密告により、お金を稼ぐ人も……。信仰により、平和な気持ちになる場合もあれば、こうした密告により、信者の間での分裂の原因になったりも……。

今の時代は弾圧などありませんが、信仰によって分裂の原因になっているものはないだろうかを考えさえさせられます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 東日本大震災後79カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  2. 先日、一人の方に「ベトナムの洗剤や食器を洗うもの」についての問い合わせを受けました。…
  3. 私は、以前しばらくの間修道院を一旦離れて、一般の会社で働いたことがあります。その時に頂いた初めての給…
  4. 初代教会は、聖ペトロと聖パウロのけんかによって発展したということを聞きました。ほんとうのところ、二人…
  5. ※本日予定しておりました、「加藤一二三 九段 トーク&サイン会」は、ご本人の体調不良のため、急き…
“神父・修道士になるには”

ピックアップ記事

  1. 2017年5月7日、聖パウロ修道会インド・ナイジェリア・英国・アイルランド管区のフランシスコ・ザビエ…
  2. 今回は、8月24日に祝われる聖バルトロマイ使徒を取り上げたいと思います。聖バルトロマイは、「十二人」…
  3. 聖堂に生けるお花について、何かきまりがあるのでしょうか?教会の典礼祭儀は、キリストによる救いのわ…
  4. 典礼暦の中に置かれた「季節」について簡潔に説明し、季節の中のある主日には固有のテーマが与えられている…
  5. 2017年1月24日~28日、ブラジル管区の年の黙想が行われました。黙想指導は、シスター・アイラ…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »