カトリックの祈り

873db0d4db

日本のカトリック教会で全国共通 の祈祷書として、長い間親しまれて、愛唱されてきた『公教会祈祷文』の抜粋版。従来の美しい文語体の祈りを残しつつ、現代の典礼、儀式文、口語体による新しい祈りをも挿入。
ロザリオの祈り「光の神秘」、「使徒信条」、「ニケア・コンスタンチノープル信条(口語)」に加え、「アヴェ・マリアの祈り」も収録。

編者:サンパウロ
本体:900円+税
判型:A6判 並製
ページ数:295ページ
ISBN:978-4-8056-1484-6
発行:サンパウロ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 最近では、「復活」という言葉を、キリスト者ではない人もよく使っています。例えば、「スランプから『復活…
  2. 聖アンセルモ司教教会博士の記念日は、彼が帰天した日である4月21日です。アンセルモは、103…
  3. 復活節第2主日は、2000年以降「神のいつくしみの主日」として定められました。この名称は、聖ファウス…
  4. イエスが復活してから一週間になります。弟子たちの心境はどうだったのでしょうか。「ユダヤ人を恐れて、自…
  5. 「女の頭は男。男が女のために造られたのではなく、女が男のために造られた。」(一コリント11・4、9)…

ピックアップ記事

  1. 福者ヤコブ・アルベリーネ司祭の祝日にあたり、聖パウロ修道会 日本管区長 鈴木信一神父より、皆さまへの…
  2. ユダヤ教の過越祭とカトリック典礼の「聖なる過越の三日間」とは、どのような関連があるのでしょうか?…
  3. 教会のステンドグラスの美しさに、いつも見とれております。いつごろから、なんのために教会で使われるよう…
  4. 私たちは、禁止されればされるほど、やってみたいという誘惑に駆られるのではないでしょうか。大人は、様々…
  5. 聖パウロ協力者会・九州地方区の会報誌「きずな」(No.70)をご紹介いたします!神父や会員のコラ…

アーカイブ

PAGE TOP
Translate »