四旬節の始まりを告げる灰の水曜日――カトリック教会生活入門

灰の水曜日は、四旬節の始まりを告げる日です。この日は、人生や死について考え、痛悔、回心が最も必要なことであると思い起こします。

額に灰を受けるのは、人間は神によって創られた塵にすぎないことを自覚させ、謙虚に生きることを教えるためです。また、大斎・小斎を守る日とされています。

灰の儀式

●大斎・小斎
償いの一つの形で、飲食物の種類、量に制限を加えることです。「大斎は1日1回だけ普通の食事をし、他の2回は普段の半分を超えない程度にとどめます。これは60歳までのすべての成人の信徒に義務づけられています。
小斎は鳥や獣の肉、肉製品を食べることを禁じ、満14歳以上のすべての信徒に義務づけられています。例外的に病気の人や肉体労働者などは免除されています。

出典:『イラストで知るカトリック教会生活』(サンパウロ編)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最近の記事

  1. 「サプライズ」という言葉があります。もちろんこれは、「驚かせる」とか「驚き」という意味ですが、思いも…
  2. アルベリオーネ神父はひ弱い体のゆえに徴兵検査では不合格であった。しかし第一次大戦が始まってからは、イ…
  3. 今日の箇所は「主の変容」の場面で、「弟子たちの前でイエスの姿が変わる」ことを思い起こす所です。場所は…
  4. 聖ペトロの使徒座の祝日は、ペトロを礎として建てられた教会の一致を記念する祝日で、2月22日に祝われま…
  5. 2017年の暮れから2018年の年頭にかけて、私たちは大きな出来事を立て続けに体験しました。…

ピックアップ記事

  1. 2016/9/15

    悲しみの聖母
    「悲しみの聖母」の記念日は、9月15日です。元来、この祝日は、十字架上のイエスと苦しみ・悲しみをとも…
  2. 2017年3月25日、スペインのビルバオの新しい書店が開設されました。開設にあたり、ラザロ・ガルシア…
  3. 2017年12月8日、ポーランドのキエルスに新しい書店が開店しました。地区長のボグス…
  4. 聖パウロは「キリストが私の内に生きている」と言っているそうですが、これって聖パウロが多重人格障害を持…
  5. 三十五歳くらいの日本人男性が、二十代のベトナム人女性と十二月にベトナムのブンタオにある教会で結婚する…
PAGE TOP
Translate »