灰の水曜日(2018年2月14日)福音書のメッセージ動画

自分の居場所、幸せを求めて
心の目は外に向かっている私たち。
今日、灰の水曜日、
裸になって神の前に出て
自分の内側の叫びに目を向けよう。
そこには神の命によって支えられる
究極の安らぎがあるはず。

マタイによる福音書6章1節~6節、16節~18節
「人々の前で自分の善い行いを見せびらかさないように気をつけなさい。さもないと、天におられるあなた方の父のもとで、報いを受けることはできない。だから、施しをするときには、偽善者たちが人から賞賛されようとして、会堂や大通りでするように、自分の前でラッパを吹き鳴らしてはならない。あなた方によく言っておく。彼らはすでに報いを受けている。あなた方が施しをするときには、右の手のすることを左の手に知らせてはならない。これは、あなたの施しを隠しておくためである。そうすれば、隠れたことをご覧になるあなたの父が報いてくださる。
また、あなた方は祈るとき、偽善者のようであってはならない。彼らは人に見せびらかすために、会堂や街角に立って祈るのを好む。あなた方によく言っておく。彼らはすでに報いを受けている。あなた方は祈るときには、奥の部屋に入って戸を閉め、隠れた所におられるあなたの父に祈りなさい。そうすれば、隠れた行いをご覧になるあなたの父が報いてくださる。
断食する時、偽善者のように暗い顔つきをしてはならない、彼らは断食していることを人々に見せるために、浮かぬ顔をする。あなた方によく言っておく。彼らはすでに報いを受けている。断食するときには、頭に油を塗り、顔を洗いなさい。それは、断食していることを、人々には知られず、隠れた所におられるあなたの父に知っていただくためである。そうすれば、隠れたことをご覧になるあなたの父が報いてくださる」。

本動画はいつでもご視聴いただけます。
※都合により、配信期間が変更、あるいは終了する場合もございます。あらかじめご了承ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最近の記事

  1. 「サプライズ」という言葉があります。もちろんこれは、「驚かせる」とか「驚き」という意味ですが、思いも…
  2. アルベリオーネ神父はひ弱い体のゆえに徴兵検査では不合格であった。しかし第一次大戦が始まってからは、イ…
  3. 今日の箇所は「主の変容」の場面で、「弟子たちの前でイエスの姿が変わる」ことを思い起こす所です。場所は…
  4. 聖ペトロの使徒座の祝日は、ペトロを礎として建てられた教会の一致を記念する祝日で、2月22日に祝われま…
  5. 2017年の暮れから2018年の年頭にかけて、私たちは大きな出来事を立て続けに体験しました。…

ピックアップ記事

  1. イエスは「わたしは道であり、真理であり、命である」と語ります。ひとことで「みち」と言っても未知数です…
  2. 教皇フランシスコは、原爆投下後の長崎で撮影された「焼き場に立つ少年」の写真をカードに印刷し、「…戦争…
  3. ベトナムでの生活がちょうど6か月になりました。せっかくなので、「ベトナム便り」を時々書いてみようと思…
  4. カトリック教会では伝統的に11月を「死者の月」としています。身近な方々の死や自分自身の死のことについ…
  5. フランシスコ会聖書研究所の成果がこの1冊に凝縮。旧約・新約の全編を網羅。独自の原典批判(テキ…
PAGE TOP
Translate »