家庭の友 2018年3月号

東日本大震災から7年になりますが、復旧工事が進み、外面的には景観が変わってきました。しかし、福島の原発周辺では帰還困難区域があり、たくさんの課題が残っています。今回の特集では、教区としての取り組みを平賀徹夫司教様(仙台教区)、サポートセンターでの活動を濱山麻子さん(仙台教区サポートセンター事務局次長)とシスター長谷川昌子さん(聖パウロ女子修道会)、南相馬での状況や取り組みをシスター畠中千秋さん(聖心会)が、それぞれ語ってくださいました。

発行は2018年2月10日頃を予定しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最近の記事

  1. 「サプライズ」という言葉があります。もちろんこれは、「驚かせる」とか「驚き」という意味ですが、思いも…
  2. アルベリオーネ神父はひ弱い体のゆえに徴兵検査では不合格であった。しかし第一次大戦が始まってからは、イ…
  3. 今日の箇所は「主の変容」の場面で、「弟子たちの前でイエスの姿が変わる」ことを思い起こす所です。場所は…
  4. 聖ペトロの使徒座の祝日は、ペトロを礎として建てられた教会の一致を記念する祝日で、2月22日に祝われま…
  5. 2017年の暮れから2018年の年頭にかけて、私たちは大きな出来事を立て続けに体験しました。…

ピックアップ記事

  1. 待降節第三主日や四旬節第4主日は、バラの主日とも呼ばれ、祈願や朗読では伝統的に喜びのメッセージが語ら…
  2. 2017年7月24日~30日、パウロ家族による若者たちの司牧的集いがローマで開催されました。この集い…
  3. 2017年6月24日、フィリピンのマカティ修道院で二名の会員(アルベルト・ガロン神学生とエリック・マ…
  4. 聖パウロ修道会 日本管区長 鈴木信一神父より、皆さまへのクリスマスメッセージをお届けします。…
  5. 聖パウロはローマで斬首されたと聞いていますが、どこに書かれているのですか? 新約聖書に書かれています…
PAGE TOP
Translate »