聖パウロ修道会中間総会(2018年2月15日~25日)

2018年2月15日~25日、ブラジルのアパレシーダで聖パウロ修道会の中間総会が開催されることになっています。中間総会のマークは下記の通りです。なおこの中間総会には、日本からは管区長の鈴木信一神父が参加することになっています。

The emblem is inspired by the image of our Lady of Aparecida, whose devotion finds a very sig
nificant expression in the National Sanctuary of Aparecida which is chosen as the venue for the Interchapter. It is also a reminder of the innumerable places of Marian pilgrimages spread around the world.
The two triangular forms (in blue colour) represent the image of our Lady of Aparecida and they also trace a way that leads to the cross (in yellow colour) as Maria is the way that leads us to Christ, the Good News.
The Gospel, which is at the centre of the Pauline mission (represented by the green lines around the cross) is the principal message that we are called to radiate today to all people, through the means of communication, above all within digital world (represented in the background by the symbol of the net connection).

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最近の記事

  1. 「サプライズ」という言葉があります。もちろんこれは、「驚かせる」とか「驚き」という意味ですが、思いも…
  2. アルベリオーネ神父はひ弱い体のゆえに徴兵検査では不合格であった。しかし第一次大戦が始まってからは、イ…
  3. 今日の箇所は「主の変容」の場面で、「弟子たちの前でイエスの姿が変わる」ことを思い起こす所です。場所は…
  4. 聖ペトロの使徒座の祝日は、ペトロを礎として建てられた教会の一致を記念する祝日で、2月22日に祝われま…
  5. 2017年の暮れから2018年の年頭にかけて、私たちは大きな出来事を立て続けに体験しました。…

ピックアップ記事

  1. パウロの言う「義」がよくわかりません。「神の義」とか、「義とされる」の意味を、分かりやすく説明してく…
  2. アルベリオーネ神父は、神学校内での教育だけでなく、教会へ出かけて行って直接信者たちに接し、講演し、秘…
  3. とまにちわ!人見知りで独りよがりは、床屋が苦手。もちろん美容院も同様(あの空気感も)。…
  4. 今日は土曜日でベトナム語の学校もお休みということで、サイゴン市内の二つの教会を訪問してみました。…
  5. 一九一四年八月二十日、市場に近いピアッツア・ケラスカ(Piaxxa Cheasca)の借家で聖パウロ…
PAGE TOP
Translate »