コミュニケーションの使徒マジョリーノ・ヴィゴルンゴを出版

2018年1月4日、コミュニケーションの使徒マジョリーノ・ヴィゴルンゴの小冊子がカルロ・レカルカティ神父によって出版されました。この本の中で、ヴィゴルンゴの模範的な生き方や証が記されています。彼は1988年3月28日、教皇ヨハネ・パウロ二世によって、尊者に挙げられています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最近の記事

  1. 「サプライズ」という言葉があります。もちろんこれは、「驚かせる」とか「驚き」という意味ですが、思いも…
  2. アルベリオーネ神父はひ弱い体のゆえに徴兵検査では不合格であった。しかし第一次大戦が始まってからは、イ…
  3. 今日の箇所は「主の変容」の場面で、「弟子たちの前でイエスの姿が変わる」ことを思い起こす所です。場所は…
  4. 聖ペトロの使徒座の祝日は、ペトロを礎として建てられた教会の一致を記念する祝日で、2月22日に祝われま…
  5. 2017年の暮れから2018年の年頭にかけて、私たちは大きな出来事を立て続けに体験しました。…

ピックアップ記事

  1. 2017年11月5日、メキシコ・キューバ管区の聖パウロ霊性センターは、パウロ家族の協力のもと、第10…
  2. 【社会の中にある福音を取り込むというアプローチ】サンパウロ東京店<キリスト教書籍フロアー>からオス…
  3. 主の昇天の具体的な状況については、今日の第一朗読の中(使徒1・6~11)に出てきます。福音の箇所では…
  4. 毎年9月最後の日曜日は、「世界難民移住移動者の日」となっています。シリアをはじめ、世界の各地で、難民…
  5. アジア大陸の保護の聖人であると同時に、福音宣教の保護の聖人である聖フランシスコ・ザビエルは、1549…
PAGE TOP
Translate »