主の招きに従う 年間第3主日(マルコ1・14~20)

先生たちが自分の後継者を探そうとする時、できるだけ優秀な学生を自分の弟子にしようとするのではないでしょうか。しかも自分の意志を素直に受け継いでくれそうな、支障のない学生を…。

キリシタン研究をしているある大学の先生がこんなことを話していました。この研究のためには、キリシタン時代のことをよく知る必要があり、教会の公式文書として使用されていたラテン語の他に、スペイン語、ポルトガル語、さらには日本語の文語体や筆字の草書体などを理解できる人が必要だと語っていました。確かに教会の文献だけではなく、江戸時代に書かれた文献も読む必要があるので、多岐にわたるし、そうした研究の後継者ともなると、とても大変だなあと話を聞きながら思いました。
イエスの場合はどうでしょうか。イエスは大都会のエルサレムからではなく、人が少ないガリラヤ地方から福音を宣べ伝え始めます。私たちだったら単純に、大都会のエルサレムから始めていけば、とても効果的なのになあと思いますが、私たちの思いとイエスの思いはかけ離れています。

また最初の弟子たちは、ガリラヤ湖で漁をしている人たちです。決して優秀な学生たちではありませんでした。イエスの教えを理解するにも時間がかかり、イエスに怒られたりすることもたびたびありました。しかも漁師をしている人たちですので、当時の社会では机に向かって勉強するというよりも、漁に専念する機会が多かったことでしょう。そうした具体的に仕事をしている人たちの中から選び、声をかけていきました。「わたしについて来なさい」と…。彼らは生活の糧を全て捨てて素直に従っていきます。これからどんなことがあるかもよく分からず、従っていきました。こうして選ばれた弟子たちは、ヨハネを除いて、みんな殉教していきます。

主の呼びかけはとても単純で、素朴なものがありますが、それは同時に、殉教を呼び起こすほどのもの求める招きでもあるように思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最近の記事

  1. 「サプライズ」という言葉があります。もちろんこれは、「驚かせる」とか「驚き」という意味ですが、思いも…
  2. アルベリオーネ神父はひ弱い体のゆえに徴兵検査では不合格であった。しかし第一次大戦が始まってからは、イ…
  3. 今日の箇所は「主の変容」の場面で、「弟子たちの前でイエスの姿が変わる」ことを思い起こす所です。場所は…
  4. 聖ペトロの使徒座の祝日は、ペトロを礎として建てられた教会の一致を記念する祝日で、2月22日に祝われま…
  5. 2017年の暮れから2018年の年頭にかけて、私たちは大きな出来事を立て続けに体験しました。…

ピックアップ記事

  1. 東日本大震災後83カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  2. 2016/11/19

    聖書週間
    日本の教会では、11月の第3日曜日から第4日曜日までを「聖書週間」と定めています。この期間、わたした…
  3. 子どもたちが毎日、神の愛について理解するのを助ける聖書の話、祈り、そして約束。本書は、子どもたち…
  4. 私は、一九五一年四月、中学三年の時に、福岡の聖パウロ会に、志願者として入会しました。私は、中…
  5. 海外旅行をするとバジリカ、カテドラル、ドームという言葉を耳にしますが、どのような違いがあるのでしょう…
PAGE TOP
Translate »